ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「寿退社」希望の女性はわずか7.8%に
大きく変わった女性の理想の働き方

小川 たまか
【第89回】 2012年8月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 寿退社を希望する女性は、わずか7.8%――。こんな調査結果が、リクルートが運営する「ブライダル総研」から発表された。未婚・既婚の女性たちは、今後の働き方について、どのように考えているのだろう。調査結果と街の声を紹介したい。

 調査期間は2012年3月27日~3月29日。調査方法はインターネット。調査対象は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、東海(愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)の男女、計3096人(未婚者=男性1407人、女性1071人。既婚者=男性309人、女性309人)。

男女ともに望むのは
「子どもが大きくなったら再就職」

 未婚者に女性の働き方について聞いたところ、男女ともに最も多かったのは「子どもができたら仕事をやめ、子どもが大きくなったら再び仕事を持つ」(男性=25.7%、女性=33.2%)、次いで「子どもができても、ずっと仕事を続ける」(男性=22.6%、女性=28.2%)だった。「結婚するが子どもは持たず仕事を一生続ける」(男性=1.6%、女性=3.6%)、「結婚せずに仕事を続ける」(男性=1.2%、女性=3.5%)などと合わせると、男性は約50%、女性は約70%が、仕事を何らかのかたちで続けた方が良いと考えていることがわかる。

 「女性は仕事を持たない」(男性=4.9%、女性=3.6%)、「女性は結婚するまでは、仕事を持つ」(男性=8.7%、女性=7.8%)、「子どもができるまでは仕事を持つ」(男性=11.7%、女性=9.5%)など、女性が仕事を続けない選択肢を選んだ人は少数派で、どれも女性を男性が上回る結果となった。

 また、女性の9.2%、男性の20.5%が「わからない」と答えているのも、注目したい点だ。ライフスタイルが多様化する中で、自分や将来のパートナーにとって、どんな働き方が正解なのかわからない、と葛藤する人は少なくないようだ。

 さらに、既婚者の男女に、女性の働き方についての「理想」と「現実」を聞いたところ、「理想」として圧倒的に票を集めたのは「子どもができたら仕事をやめ、子どもが大きくなったら再び仕事を持つ」(42.7%)。2位の「子どもができても、ずっと仕事を続ける」(22.3%)を大きく引き離した。

働き方の理想はひとつではない
「仕事を辞めたい」人が少ない街の声

 女性の働き方について、20~30代の未婚・既婚の女性はそれぞれどのように考えているのか。首都圏に暮らす女性の声を聞いた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧