ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
超・ビジネスマナー診断テスト
【第13回】 2007年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
池田輝久 [エンパワー・ネットワーク株式会社 プリンシパル]

交渉編:Q.お客が値引きを要求してきたら?

1
nextpage

このテストは、あなたがいかに「実践で役立つビジネスマナー」を身に付けているかを診断するものです。

毎回「初級問題:2問」「中級/上級問題:2問」の計4問を出題します。問題はすべてa、b、cの3択式なので、最初に行うときはあまり深く考えず、瞬時に正しいと思うもの、あなたが実際に行動するだろう答えを選んでください。問題の次のページには「解答と解説」が載っていますので、答え合わせをしながら、解説を読んでください。

まずは「初級問題」にチャレンジです。

初級問題

【Question 1】

 お互いの利害関係は相反しているので、売り込む側が弱い立場であるのが普通なことです。今回、勇気をもって要求を出してみたのですが、お客様は厳しい態度で「要求には応じられない」と言ってきています。あなたはどんな態度で臨みますか?

(a)相手が押してきたら、少し引くことで交渉をうまくまとめるようにする

(b)相手が押してきたら、何としても押し返すことで交渉をまとめるようにする

(c)相手が押してきたら、相手の言い分をのむことで交渉をまとめるようにする


【Question 2】

 あなたは営業として売り込みの真っ最中です。そろそろ「買ってください」と言いたいのですが、否定的な答えを聞くのが怖い気もします。あなたはどのタイミングで切り出しますか?

(a)機は熟していなくても、できるだけ早いタイミングに言う

(b)可能性が50%ぐらいの時に言う

(c)大丈夫だと思えたら言う


「初級編:解答&解説」は次のページへ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



池田輝久 [エンパワー・ネットワーク株式会社 プリンシパル]

人材活性の鍵となる「ビジネススキル」を提唱し、その第一人者として活躍。これまでに手がけた研修の受講生は7000名以上に上る。IT関連企業を中心に多数の研修・講演・コンサルティングの実績を持つ。新聞・雑誌・ウェブへの執筆のかたわら、メールマガジン『ビジネススキルTODAY』を配信、人気を博している。エンパワー・ネットワークのウェブサイト


超・ビジネスマナー診断テスト

あなたの本当の実力を診断! マニュアル通りのビジネスマナーは役に立たない。反常識思考で、ビジネスの場に即した実践なスキルを鍛えよう。

「超・ビジネスマナー診断テスト」

⇒バックナンバー一覧