ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
仮想世界に忍び寄る金融犯罪

電子マネーもマネロンの標的に!
仮想世界で急増する詐欺の現状

有友圭一 [デロイトトーマツコンサルティング パートナー],藤澤俊雄 [デロイトトーマツコンサルティング マネジャー]
【第1回】 2009年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 近年、金融犯罪は国内外問わず大きな社会問題となっているが、それがついに仮想世界にまで及んでいることを、ご存知だろうか?

 仮想世界とは、「セカンドライフ」などに代表される3Dオンラインワールドやオンラインゲームなど、インターネットなどの情報技術を利用して、人工的に作り上げられた“擬似的な世界”のことである。

 そこは、世界各地の人々が無限に広がる一つの世界に集まることから、様々な企業が独自のビジネスを展開する新たなチャンスの場として、注目されている。

 しかし、仮想世界における各国の法的管轄が依然として不明確なため、そこで横行する金融犯罪を取り締まるのは困難を極めており、多くの企業が金融犯罪というリスクに晒されているのが現状だ。

仮想世界でフィッシング詐欺や
ネズミ講が跋扈する深刻な現実

 では、果たして仮想世界でビジネスを展開する企業に忍び寄る「金融犯罪という現実」から、彼らがビジネスを守る術はあるのだろうか。

 警察庁サイバー犯罪対策の統計によれば、仮想世界で横行する犯罪検挙数は毎年右肩上がりで伸びており、2008年中のサイバー犯罪の検挙数は6321件と、わずか5年でおよそ3倍にまで増加しているのだ(04年の検挙数は2081件)。

 この数値は、警察の本格的な取り締まりと捜査力の向上を示すものであるが、一方で仮想世界で数多くの犯罪が横行していることを物語るものでもある。

 仮想世界で起きる代表的な金融犯罪には、「フィッシング詐欺」 (Phishing) と「HYIP」 (High-Yield Investment Program)がある。

 まず「フィッシング詐欺」とは、悪意を持った第三者が会員制ウェブサイトや合法的な企業を装い、ユーザーの個人情報を不正に取得して悪用することだ。

 具体的には、ユーザーアカウントの再登録や新規サービス移行に伴う登録内容の再入力などを口実に、本物のウェブサイトを装ったウェブサイトへのURLリンクを貼ったメールをユーザーへ送り、クレジットカードの会員番号、銀行預金口座を含む各種サービスのIDや暗証番号などを獲得するという手口だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

有友圭一 [デロイトトーマツコンサルティング パートナー]

グローバル金融機関を中心に様々な業界に対するマネロン規制対応、業務プロセス設計、システム設計・構築、電子マネービジネスモデル策定支援、法規制アドバイザリーなどを手がける。著書に『マネーロンダリング対策の実務』(ファーストプレス刊)など多数。米国公認会計士。英国ウォーリック大学MBA。

藤澤俊雄 [デロイトトーマツコンサルティング マネジャー]

金融機関に対し国内法人設立を含む事業立上支援や法令順守体制構築を得意とする。また、幅広い分野におけるマネロンなど金融犯罪対策支援に精通している。金融犯罪に関連して「仮想世界に忍び寄る金融犯罪」でも仮想世界における金融犯罪対策について連載。


仮想世界に忍び寄る金融犯罪

オンラインゲームや電子マネーなど、急拡大する「仮想ビジネス」は、今や金融犯罪の温床となっています。この連載では、そのビジネスリスクと対処法を徹底解説します。

「仮想世界に忍び寄る金融犯罪」

⇒バックナンバー一覧