ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方
【第5回】 2008年1月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
塩野 誠 [コンサルタント]

フレームワーク分析で、モレなくダブリなく原因追求
情報分析力の高め方 PART(5)

1
nextpage

 効率的に分析を行っていくためには、経営の基本的なフレームワーク(型)を頭にインストールしておくべきです。これらのフレームワークは経営学の先人達が考え出し、今まで生き残ってきたものなので、覚えておいて損はありません。

 これから説明する3Cや4Pは最低限の基本的なフレームワークであり、まずはそのフレームワークで軸を考えると分析が進みます。

 歌舞伎役者の言葉に、「型を知れ、そうすれば型破りになれるから」というものがあります。なぜ、フレームワークを頭に入れておくべきかというと、軸をゼロから自分で考え出して、モレがなくダブリがないように、つまりMECE(ミッシー)にブレークダウンしていくよりやさしいからです。

 何もフレームワークを持っていない人に「自由にやっていいから」というと、ほとんどの人は自由の刑に処されてしまい動くことができなくなってしまいます。まずはフレームワークを使って型を考えてから、より詳細な軸にブレークダウンするというパターンを自分のものにしましょう。

◎3Cのフレームワーク
画像
※自社の能力という意味でCompanyではなく
Capabilityという場合もある

 経営分析の基本となるのが、3Cのフレームワークです。企業をみたら、まず3C。どんな顧客(Customer)なのか?競合(Competitor)はどこなのか?自社(Company)の強みは何なのか? まさに基本です。

◎4Pのフレームワーク
画像

 次はマーケティングの4Pです。顧客に対してモノやサービスを販売する際に検討すべき軸です。いつでも頭に入れておいて、目の前のモノやサービスについてこの「軸」で説明できるようにしましょう。

 そして、経営学では必ず出てくるハーバード大学ビジネススクールのマイケル・ポーター教授の「5つの競争要因」(ファイブフォース)です。「業界構造」という軸で考えたときに、どんなプレイヤーが存在するのかが表されています。ぜひ頭に入れておきましょう。

◎5つの競争要因(5 Forces Analysis)
出所:『競争の戦略[新訂]』P18より M.E.ポーター著 ダイヤモンド社
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



塩野 誠 [コンサルタント]

1975年生まれ。シティバンク銀行、ゴールドマン・サックス証券、べイン&カンパニー等で事業戦略の立案や実行、M&A・投資業務等を担当。現在は非営利団体である企業価値戦略研究会に所属。その活動とともにコンサルタントとして国内外の企業に対し幅広い提言と講演を行っている。


問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方

コンサルタントの思考スキルを学べば、仕事の質が変わる。外資系コンサルを経たプロが贈る最強の仕事バイブル。ビジネスマン必読。

「問題解決のためのコンサルタント脳のつくり方」

⇒バックナンバー一覧