ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

「列強総崩れ」を尻目に急成長組が続々
小売業界の“勝てる戦略”はこう変わった!

デロイトトーマツコンサルティング
【第8回】 2009年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大型店総崩れの小売業界
想像を上回る激震の実態

 2008年9月のリーマンブラザーズ経営破綻に端を発し、世界は“100年に1度”と呼ばれる大不況に突入した。あれから早1年が経過したが、その間、あらゆる産業は文字通り「激動の1年」をたどった。

 規模の大小を問わず、多くの企業が業績を低迷させ、中には市場から退場を余儀なくされた企業もあった。

 小売業も例外ではない。百貨店の売り上げは前年同月比で10%前後の減少を続け、三越のように店舗閉鎖などのリストラに追い込まれたケースもある。

 それまで比較的好調と言われていたショッピングセンターさえも、既存店売上高が前年同月比で12ヵ月連続マイナスを記録するなど、大型店は総崩れの様相を呈している。

 いったい小売業界に何が起きているのだろうか? 想像を上回る激震の内幕を、紐解いてみたい。

 我々は昨年のリーマンショック前に執筆した著書『戦略のパラドックスへの解』において、小売業界の将来に大きな影響を及ぼす「3つの不確定要素」を挙げ、それらの変動に応じて想定される8つのシナリオについて論じた。

 実はその中に、現状をほぼ正確に言い当てているシナリオもある。想定外だったのは、その時間軸だ。我々が想定したよりもはるかに速いスピードで、そのシナリオが現実のものとなっているのである。

 下の(図1)を見て欲しい。これは不確定要素の振れ方と、それに応じて想定される将来シナリオの関係を、模式図で示したものである。この図は、「法・規制動向」「技術動向」「消費者動向」を不確定要素の3大軸に設定し、それらの要素が引き起こすであろう2通りのトレンドを考え合わせて、8つのノード(交点)で表したものだ。

小売業界の不確実性
(C)2009 Deloitte Tohmatsu Consulting Co.,Ltd. All rights reserved.
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングの専門家8人が、毎週交代で執筆を担当。筆者名/松下芳生(デロイトトーマツコンサルティング(以下DTC)パートナー兼常務取締役、デロイトトウシュトーマツ(DTT)アジアパシフィックコンシューマービジネスインダストリーリーダー)、佐瀬真人(DTCパートナー)、矢矧晴彦(DTCパートナー)、高橋淳一(DTCシニアマネジャー)、大日方 隆(DTCシニアマネジャー)、高橋俊成(DTCマネジャー)、西川陽介(DTCマネジャー)、細川敦邦(DTCマネジャー)
デロイトトーマツコンサルティングのHPはこちら


不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」

世界危機の後遺症で、経済は過去に例がないほど「不確実性」を増している。激動の市場で企業が勝ち残るためには、新たな経営戦略のアプローチが必要不可欠となった。その手法を、大手コンサルファーム・デロイトトーマツコンサルティングの専門家たちが、業界別に徹底指南する。

「不況前の常識では勝ち残れない! 業界別「経営戦略実践講座」」

⇒バックナンバー一覧