ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

最先端技術ではなく、汎用製品を生かす
逆転発想が生み出した新たなカードの価値
バリューデザイン代表取締役CEO 尾上 徹

週刊ダイヤモンド編集部
【第203回】 2012年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

 2000年夏、尾上徹はフランス・カンヌで開かれた携帯電話の展示会のブースで右手にカードを握り締め、必死に考えを巡らせていた。

 「自分は実はとても大きな考え違いをしているのかもしれない」

 尾上は当時、ジェーシービー(JCB)で、新型の電子マネー「クイックペイ(QUICPay)」の担当をしていた。カンヌを訪れたのも、カード会社の社員として、この最先端の決済サービスの可能性を探るためだった。

 ただ、そこでたまたま拾った一つのカードが、気になって仕方なかったのだ。カードには「マスターカード」のマークが付いており、クレジットカードのように見えたが、よくよく眺めてみると、磁気式のプリペイドカードだった。

 当時、尾上は電子マネーという新規事業の責任者であることに誇りを持つ一方、一つだけ疑念を抱いていた。電子マネーは、カードが流通しても決済専用の端末が、店舗になければ使用できない仕組みだった。

 「電子マネーという先端技術を導入するのはいいが、端末の費用負担はどうするのか」。端末が普及せず、使用できる場所が限られてしまうと利便性は低くなるはずだ。

 そんなときにカンヌで見つけたのが、誰もが使用したことがある、裏に黒い磁気線の入ったプリペイドカードだった。情報を読み取る端末は、多くの店にすでに導入されている。これを用いたプリペイドカードを発行すればいいのではないか。

 「最先端のテクノロジーを追いかけていたのが、ばからしくなりました。お店の人は、お客さんに喜んでもらえるツールであれば、何でもいい」

 先端技術にこだわるのではなく、すでに流通しているインフラを活用する。一種の逆転の発想だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧