ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

ソフト開発の下請けに甘んじないと決意
世界に通用するゲームを自社で作る
エイチーム社長 林 高生

週刊ダイヤモンド編集部
【第218回】 2012年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Masateru Akiyama

 2012年8月、米国のグーグルプレイの人気ゲームランキングに日本発のソーシャルゲームがベスト3入りした。そのゲームは「ダークサマナー」。名古屋に本社を置くエイチームが自社開発したゲームで、日本のゲームは米国で通用しないという業界の定説を打ち破った。

 「カナダ人のゲーム技術者を企画リーダーにして、世界で通用するゲームを追求してきた」とエイチーム社長の林高生は言う。

 快挙はそれだけではない。12年11月には、マザーズから東証1部に、わずか7カ月半で変更となった。「史上最短記録にこだわった」のだという。大ヒットしたソーシャルゲーム「AKB48ステージファイター」(グリー提供)の開発・運用を行っているのもエイチームだ。

 人当たりのいいひょうひょうとした雰囲気の林だが、これまでさまざまな試練を乗り越えてきた。陶芸家だった父親を9歳のときにがんで亡くした。5人兄弟の4番目だが、長男の林は責任感が強かった。公立高校の受験に失敗したときも私立高校には行かず、独学で大学入学資格検定の勉強をしながら、アルバイトをして家計を助けた。

 大検に受かった喜びもつかの間、母親の経営する喫茶店が行き詰まって借金が膨らみ、自宅を差し押さえられてしまった。その借金を返済するために、大学進学を諦め、働き始めた。「会社勤めをしていたのでは、とても返していけない」と当初から起業を模索した。友人と学習塾を開いたこともある。そして行き着いたのがコンピュータだった。

 林が初めてコンピュータを触ったのは小学5年生のとき。クリスマスプレゼントに、「ぴゅう太」という子供用コンピュータをもらった。「自分でゲームが作れる」と夢中になった。中学生のときには、本格的なコンピュータを友人から借り、本や雑誌でプログラミングを覚えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧