ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

美容業界の中古品売買で“殴り込み”
業界最大手の通信販売サイトに急成長
ビューティガレージ社長兼CEO 野村秀輝

週刊ダイヤモンド編集部
【第215回】 2012年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Naoyoshi Goto

 日本全国に35万軒ほどある美容院や理髪店。そんな街のサロン経営者たちをサポートする“正義の味方”と公言するベンチャー企業がある。

 ビューティガレージは、美容業界で働くプロ向けの日本最大の通信販売サイト(会員15万2000社)を運営している。シャンプーやワックスなど消耗品から、椅子や鏡、専用機器まで約30万点超の商品を格安で、クリック一つで仕入れられる。

 また全国12のショールームでは、閉店や改装のため不要になったサロン用の椅子や棚などを買い取っては、修理やメンテナンスをした上で、格安で中古販売をしている。

 驚くべきことだが、彼らが登場するまで、美容業界では「高価な新品」を購入するのが当たり前だった。大手老舗メーカーが業界団体をしっかりと押さえて、専門のディーラーを通して買うのが唯一無二の選択肢だったからだ。

 例えば理髪店で使うバーバー椅子は、かつて1台100万円とクルマ並みのお値段。美容院のカット用なら1台20万~30万円する高額商品にもかかわらず、中古市場は皆無だった。

 「多くの美容師は開業資金に悩んで、高額のローンを組んでいた」。2003年、同社はインターネットで安い中古品を売買するアイデアを実現すべく誕生した。

 しかし、いざ開業すると、そこには業界の猛烈な抵抗が待っていた。

「痛い目に遭うよ」
業界圧力に屈せず中古品集めに奔走

 野村秀輝は大学卒業後、12年間にわたり広告会社に勤務。02年には、マーケティング会社を設立して独立していた。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧