ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
だまされない保険~その保険、本当に必要ですか?
【第2回】 2012年10月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部 保険商品特別取材班

がん治療は本当に「300万円」かかるのか?
広告宣伝をうのみにするのはやめなさい!

1
nextpage

がん未経験者の多くが「がん」の治療費の出費のイメージは300万円と答える。だが、実際にかかった費用は、入院、食事、交通費を含んで50~70万円が約7割。300万円以上の出費は、わずか約12%にとどまる。思い込みと現実に大きな乖離があるのだ。「安心」という幻想にムダにお金を払っている人が多いのではないか。

先進医療の実施はわずか。
元が取れない保険料

 医療保険の問題については第1回に紹介した。では「がん保険」はどうなのか。医療保険との最大の違いは、がんと診断された際に給付される診断一時金だ。保険会社の多くは「再発でも何度でも支払う」ことをうたうが、実際は、給付条件が複雑で受け取りのハードルは低くはない。

 そもそも、がん保険がこれほど売れる背景として、一般的にがんの医療費が非常に高額だと信じ込まれていることが挙げられる。

 2010年、アフラックが実施した「がんに関する意識調査」で、がんにかかったことがない人に、がんと聞いて最初に何を心配するか質問したところ、「治療費(経済的負担)」と回答した人は4分の1以上を占め、最多となった。

 さらに、がん治療にかかる費用を予想してもらった結果、「300万円より多い」が32%、次いで「200万円程度」が約22%となり、合わせて半数を超えた。人々が保険会社に付け込まれる隙はこの思い込みにある。

 がんにかかった人に実際の治療費を尋ねたところ、「50万円程度」が約38%、「100万円程度」が約32%で、計7割を占めた。がん未経験者の多くが予想していた300万円以上の出費は、わずか約12%にとどまる。思い込みと現実に大きな乖離があるのだ。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)




だまされない保険~その保険、本当に必要ですか?

日本は世界一の保険大国と言われるほど、日本人は〝保険好き〟です。しかし、どれだけの人が加入している商品の中身について理解しているでしょうか。商品設計はわかりにくく、その種類はいわば無数にあり、専門家でも正確な商品比較はできない状態です。しかも、パンフレットは誇張と言葉のレトリック、数字のマジックにあふれ、ごまかしセールストークも横行しています。支払う保険料と見合った「正しい保険」を選ぶために必要な知識をご紹介します。

「だまされない保険~その保険、本当に必要ですか?」

⇒バックナンバー一覧