ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

クリス・アンダーソンの新刊
『MAKERS』に見る製造業の新潮流

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第252回】 2012年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

製造のデジタル化で
低コスト生産が可能に

 前著『フリー』が素晴らしかったクリス・アンダーソンの新著の翻訳『MAKERS(メイカーズ)――21世紀の産業革命が始まる』(関美和訳、NHK出版社)が出た。今回のテーマは製造業だが、期待を裏切らない内容だ。

 デジタルな情報をやり取りする「ビットの世界」は巨大なビジネスになったが、言うまでもなく物を作り流通させ販売し消費に至る「アトム(原子)の世界」の方が、経済規模で見ても数倍大きいし、何よりも、日々の生活に影響している。

 このアトムの世界の根幹をなす製造業が、主としてデジタル技術とネットワークの進化によって、大きく変わりつつある。

 クリス・アンダーソン自身が、この分野の起業家でもあるので、本書の記述は詳細かつ具体的で、新たな小製造業者へのツール(3Dプリンタなど)やソフトウェア(まずはCADソフトだ)のお勧めまで載っている。自分でもやってみよう、という方は、ぜひ直接本書に当たって欲しいが、今起こっていることのあらましは、筆者の理解では以下のようなことだ。

 かつては、発明家は、自らのアイディアを商品として世に出すためには、発明の特許を取り、大企業を説得して製造ライセンス契約を結び、大量生産によって採算を取る必要があった。特許を取る手間と時間と費用も大きかったし、自分で製造設備を持とうとすると、大きな資金とリスク負担とが必要だった。

 しかし、今では、商品の設計図をCADソフトで読める形式で作成して、しかるべき相手に送ると、3Dプリンタその他のツールを使って、簡単かつローコストで試作品や製品そのものを欲しい数だけつくってくれる。

 しかも、商品のアイディアや設計自体をネット上に公開すると、この商品に共感する人々のコミュニティができて、彼らの協力の下で、設計自体が短時間で完成したり、改善できたりする。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧