ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DIAMOND Career Market
35歳からの「転職のススメ」
【第12回】 2012年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]

学歴・経歴詐称は一目瞭然、悪い評判も明るみに
SNS転職に潜むデメリットと落とし穴

1
nextpage

 ソーシャルメディアが盛んになり、「転職のきっかけがSNS」という方が増えてきました。代表的なSNSといえばFacebookですが、“転職ツール”という意味で代表的なのはLinkedinでしょう。

 Linkedinは昨年、日本語化もされました。外資系企業へ転職するために最初にやるべきことは、Linkedinに英語で登録をすること。すると、ヘッドハンターより英語で連絡がきます。ときには、企業から直接スカウトの連絡が入ることもあります。最近は、企業がコーポレートリクルーターという仕組みをつくり、企業内でヘッドハンターを雇うというケースが増えています。「War for talent」。優秀な人材を獲得することこそが、企業が競争に勝つために必要なこと。詳細にプロフィールを書いておくことで、よく声がかかるようになります。

 Facebookでも学歴や社名をオープンしている方も多く、Linkedinと同様にスカウトをされるケースも増えてきました。ツイッターもしかりです。ツイッターを活用したリクルーティングは、主にエンジニアの方を対象に行われています。これだけソーシャルメディアが全盛期の時代になると、ソーシャルメディア経由で転職したというケースが増えるわけですが、良いことばかりではありません。では、ソーシャルメディアを活用した転職には、どんなデメリットがあるのでしょうか。

レファレンスを取られるのは外資系だけじゃない!
それとなく評判を調べる日本企業も

 SNSをやっていると、誰と誰が繋がっているのか?というソーシャルグラフが見えてきます。面接を受けにきた候補者の方をフルネームで検索しますと、誰と誰が繋がっているのかは一目瞭然です。そこからレファレンス(人物調査)をこっそり取られてしまうことが現実的にはあります。

 面接ではその方の全てを把握することができませんので、企業がレファレンスを取ることはなかなか避けられないところもあります。特に幹部採用の場合は、候補の方の許可を取り、レファレンスを取ることもあるでしょう。外資系企業では幹部ではなくとも、全ての方にレファレンスを取る会社も珍しくはありません。

 一方で日本企業の場合は、レファレンスを正式にはとっていない会社もかなりあります。しかし、候補の方に言わずとも、それとなく評判を調べたりしている企業は多いものです。その際、「最近はSNSがあるので楽になった」という声を耳にします。SNSの台頭により繋がりが可視化されたからです。

 では、実際にレファレンスを取られてしまい、現実との違いから採用がNGになってしまったケースをご紹介しましょう。

1
nextpage
DIAMOND Career Market
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline
CareerMarketの記事

高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]

宮城県生まれ。東北大学経済学部卒業後、人材総合サービス・株式会社インテリジェンスに入社。同社にて人材紹介事業の立ち上げに参画し、営業、企画、カウンセリングを行う。その後、キャリアコンサルタントチームの運営と教育を任され、人事部採用担当として、数百人の学生、社会人と面談。キャリアカウンセリングによって適職へと導いた人材は3500名超、キャリア講演回数は100回以上に達する。インテリジェンス退社後、2005年1月、個人と企業をマッチングする人材サービス・株式会社キープレイヤーズを設立。著書に『絶対に後悔しない転職先の選び方』などがある。


35歳からの「転職のススメ」

現在、2人に1人が転職する「大転職時代」が到来しているにも関わらず、30代後半以上のビジネスパーソンの多くは「自分は転職なんて無理」と思っていないだろうか。しかし、実際は35歳以上でも十分転職できるとしたら…?本連載では、35歳以上のビジネスパーソンに対して、35歳からの転職の現状と、転職によって自分のキャリアや能力を見つめ直す重要性を説いていく。

「35歳からの「転職のススメ」」

⇒バックナンバー一覧