ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
35歳からの「転職のススメ」

成功する人はみんな知っている!?
転職を有利に進める裏ワザ

高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]
【第9回】 2012年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 転職するとき、必ずしも転職エージェントを使う必要はありません。このように言ってしまうと、自分の仕事を否定することになりますが、実際に知人の紹介やネットの検索で求人を探すことも、全てではないものの可能なわけです。

 とはいいながらも昨今の日本においては、転職エージェントを使うことが一般的になりました。そこで今回は、よく聞かれる転職を有利にするための方法と転職エージェントとの付き合い方に関する質問について、お答えしたいと思います。

転職に有利な季節はあるのか?

 就職活動をするのであれば、早ければ早い方が良いでしょう。期限があるなかで活動をするので、モタモタしているだけで不利です。

 転職の場合、例えば「春が良い」「夏が良い」といった季節要因があるかどうかでいうと、実のところあまりありません。確かに4月入社や1月入社は多いものの、それは切れ目の良いところで前職の会社を退職するからとも考えられます。従って、どの時期に転職するのが有利ということは特にありません。

いつ転職したら良いのか?
意外にうまくいくタイミング

 転職において最も聞かれる質問の1つが、「どのタイミングで転職したら良いか?」です。具体的には、「もう少し専門性を高めてから…」であるとか、「マネジメントを経験してから…」「マネジメントとしての実績をより高めてから…」(転職した方が良いか)というようなご相談を受けることがあります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]

宮城県生まれ。東北大学経済学部卒業後、人材総合サービス・株式会社インテリジェンスに入社。同社にて人材紹介事業の立ち上げに参画し、営業、企画、カウンセリングを行う。その後、キャリアコンサルタントチームの運営と教育を任され、人事部採用担当として、数百人の学生、社会人と面談。キャリアカウンセリングによって適職へと導いた人材は3500名超、キャリア講演回数は100回以上に達する。インテリジェンス退社後、2005年1月、個人と企業をマッチングする人材サービス・株式会社キープレイヤーズを設立。著書に『絶対に後悔しない転職先の選び方』などがある。


35歳からの「転職のススメ」

現在、2人に1人が転職する「大転職時代」が到来しているにも関わらず、30代後半以上のビジネスパーソンの多くは「自分は転職なんて無理」と思っていないだろうか。しかし、実際は35歳以上でも十分転職できるとしたら…?本連載では、35歳以上のビジネスパーソンに対して、35歳からの転職の現状と、転職によって自分のキャリアや能力を見つめ直す重要性を説いていく。

「35歳からの「転職のススメ」」

⇒バックナンバー一覧