ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
辻広雅文 プリズム+one

経済対策はなぜバラマキになってしまうのか――日本に社会保障背番号がない不幸

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]
【第78回】 2009年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 衆議院が解散した。

 総選挙を前にして、与野党が自らの経済対策、景気対策を自賛する一方、双方が相手のそれを「バラマキ政策」だと批判している。

 「バラマキ」という批判の意味は、投資対効果が薄い分野であるにもかかわらず、貴重な税金を注ぎ込んでいるということであろう。つまり、財政資金の使い道としてははなはだ非効率だ、という指摘だ。その通りである。今や波及効果が極めて小さくなった公共事業など、与野党双方の政策に事例は山ほどある。お金持ちにまでまんべんなく配られた定額給付金などは、その典型であろう。

 では、効果が薄い、あるいは疑わしい分野に、政治家はなぜ税金をつぎ込んでしまうのだろうか。第一に、自分の利権、既得権保護を最優先し、予算の全体最適など考慮の外である政治家が多いためだろうことは、中学生でも容易に想像できる。

 それだけではあるまい。第二には、政府総体として――むろん、野党も――効率的な投入方法を知らないから、またはそのためのシステムを持っていないから、なのではないだろうか。

 投資対効果の高い分野、あるいは人々にピンポイントで集中配分できれば、その経済対策の効率性は飛躍的に向上する、これまた中学生でも理解できよう。だが、それらの分野、人々を特定できないからこそ、やむなく全体にバラマクことで、その特定できない効率の高い分野、人々に行渡らせようとしているのではないだろうか。

 例えば、所得格差が広がり、社会的弱者が増加している。彼らに対する経済的支援が必要だと、多くの政治家が叫んでいる。その通りだとしよう。では、社会的弱者とは、誰か。何人いるのか――。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]

1981年ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属後、エレクトロニクス、流通などの業界を担当。91年副編集長となり金融分野を担当。01年から04年5月末まで編集長を務める。主な著書に「ドキュメント住専崩壊」(共著)ほか。


辻広雅文 プリズム+one

政治・経済だけではなく、社会問題にいたるまで、辻広雅文が独自の視点で鋭く斬る。旬のテーマを徹底解説、注目の連載です。

「辻広雅文 プリズム+one」

⇒バックナンバー一覧