ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

在日韓国人、日本料理店を営む韓国系移民の本音は?
舌と胃袋から考える日韓関係

みわよしこ [フリーランス・ライター]
2012年10月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

この数ヵ月、竹島問題を通じて、韓国と日本の関係が急激にクローズアップされてきた。韓国は日本にとって、近くて遠い国だ。文化的にも人種的にも深い関係があるのに、市民どうしが互いに「よく知っている」と言える関係にはない。まずは、食べることから、韓国の現在に思いを馳せてみよう。

在日韓国人が作る“本場”の韓国料理や、日本で独自の発展を遂げる韓国風料理、あるいは韓国系移民がカナダなどの移民先で展開している“日本料理”を食することで、文化における日韓の国境は、もはや混じり合って崩れていることを実感できるはずだ。

「これが、寿司?」
カナダでの「日式」寿司との出会い

カナダ・バンクーバー市内の日本料理店の巻き寿司。シャリは甘く、上部は鰻の蒲焼きのタレでデコレーションされている
Photo by Yoshiko Miwa

 2012年2月のことである。私は、取材のために訪れていたカナダ・バンクーバー市で、ラーメンも鰻丼も寿司も扱っている大衆的な日本料理店に入ってみた。そして、サーモンの巻き寿司を注文した。程なく出てきた美味しそうな巻き寿司を口に運んだところ、見た目のイメージを全く裏切る味に驚いた。安物のアズキ餡のように甘ったるくベタベタした食感のシャリ。皿に添えられているワサビは、まるでデコレーションケーキのクリームのような形状だ(注)。巻き寿司の上には、美しく茶色の線条が描かれているのだが、それは鰻のタレである。ゼイタクはしたくなかったが、あまりにも甘ったるい味に閉口した私は、ミネラルウォーターを頼んでしまった。

(注)
後に、近くのスーパーマーケットで「ワサビ・デコレーション」の理由が判明した。マヨネーズのチューブと同様の容器に入った練りワサビが、スーパーで販売されていたのである。

 目を上げると、40代と思われる東洋系のお母さんが、カウンターの中から、やや不安そうな表情でこちらを見ている。私は

 「ごちそうさまでした」

 と日本語で挨拶してみた。すると、

 「I can't understand Japanese」

 という返事が返ってきた。えっ? 日本料理のお店なのに?

 日本人と見分けのつかないお母さんに話を聞いてみると、韓国からの移民であった。そこで私は納得した。たぶん、あの不思議な寿司は、「日式(イルシク)料理」だろう。韓国には、日本から伝わった料理を、韓国人の口に合うようにアレンジした料理があり、日本人には何とも受け入れがたい味であると聞いている。

 しばらく、お母さんのカタコトの英語と、私の下手な英語での会話が続いた。お母さんは、

 「日本人は韓国料理が好きで、ナムルやチヂミやクッパは家庭料理のメニューとして定着していますよ。韓国料理の調味料やキムチは、普通のスーパーマーケットで売られています」

 という私の話に驚き、

 「なぜ? 誰が持ち込むの?」

 と質問した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧