ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
計数感覚を磨けば経営力はアップする

設備過剰を引き起こした「計数のワナ」(その2)――利益重視の経営

千賀秀信
【第7回】 2009年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日立製作所が上場子会社5社を完全子会社にすると発表し、事業の絞り込みによる「脱・総合電機」という方向を打ち出しました。日立製作所は、前期に国内製造業で最大の7873億円の最終赤字に陥り、経営再建を急ぎ利益流出に歯止めをかける狙いもあるようです。まず、利益流出に歯止めをかけるという意味を探ってみましょう。

利益重視の経営に
会計基準の変化が水を差した

 完全子会社にするということは、子会社が稼ぐ純利益をすべて日立製作所の連結当期純利益に加えることができるということです。09年3月期の連結当期純利益は、親会社の純利益を示しています。親会社以外の株主の利益は少数株主利益と呼んで、連結当期純利益から除かれています。少数株主から株式を買い取り、完全子会社にできれば、5社分の少数株主利益が減少し、連結当期純利益はかさ上げできるのです。

 しかし、日立製作所は米国基準を採用しています。米国基準では、2010年3月期から、純利益の定義が変更になり、小数株主利益を含めた利益を純利益と定義し、純利益の後に、親会社に帰属する利益と少数株主に帰属する利益に分けて表示する形式に変更になりました。この結果、新しく定義された純利益のもとでは、純利益のかさ上げを狙った完全子会社化は、意味がなくなります。

 この会計基準の変更は、従来の当期純利益をもとに株価を評価する株価収益率(株価÷1株当たり当期純利益)や、ROE(当期純利益÷自己資本)のような当期純利益重視の指標が、時系列で比較しにくくなり、使いにくくなります。

 さらに米国基準や国際会計基準で導入されている包括利益も、経営の舵取りを大きく左右します。純利益に有価証券やデリバティブの未実現利益、為替換算差額などを加減して求める利益で、今後、企業評価の主流になる可能性があります。持ち合いなどで株式を大量に保有する日本企業は、2001年に時価会計が導入されて以来、株式保有の見直しを進めましたが、さらに拍車がかかり、業界の再編劇につながる可能性があります。

 利益を重視した経営は、利益をどう考え、定義するかで左右されるため、会計基準の変化との戦いでもあります。会計基準の変化は、業績評価を何でするべきかという問題を引き起しました。経営判断にも影響を与え、設備過剰を引き起す原因にもなってきました。この「計数のワナ」を、前回に引き続き検証してみましょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
千賀秀信著「会社数字のコツがハッキリわかる本」絶賛発売中!

会計入門者が理解しにくい基礎的部分を中心に、経営的な視点からQ&A方式で解説。会社数字に強くなるために必要な勉強するべき体系を網羅した決定版。1575円(税込)

話題の記事

千賀秀信

せんが・ひでのぶ 公認会計士、税理士専門の情報処理サービス業・株式会社TKC(東証1部)で、財務会計、経営管理などのシステム開発、営業、広報、教育などを担当。18年間勤務後、1997年にマネジメント能力開発研究所を設立し、企業経営と計数を結びつけた独自のマネジメント能力開発プログラムを構築。「わかりやすさと具体性」という点で、多くの企業担当者や受講生からよい評価を受けている。研修、コンサルティング、執筆などで活躍中。大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール講師。著書に『新版・経営分析の基本がハッキリわかる本』(ダイヤモンド社)、『経営センスが高まる! 計数感覚がハッキリわかる本』(ダイヤモンド社)、『「ベンチャー起業」実戦教本』(プレジデント社:共著)、『会社数字がわかる計数感覚ドリル』(朝日新書)などがある。
●マネジメント能力開発研究所のホームページ
http://homepage3.nifty.com/maneji/


計数感覚を磨けば経営力はアップする

「計数感覚」とは、「会社数字と企業活動の関係を理解できる力」。ビジネスパーソンなら、ぜひ身に付けておきたいマネジメント能力だ。さまざまな事例をあげながら、計数感覚で経営を考えるノウハウを提供していく。

「計数感覚を磨けば経営力はアップする」

⇒バックナンバー一覧