ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

生まれ変わっても今のパートナーを選ぶ?
夫婦円満でも意外に少ない「もちろん選ぶ」派は37%

小川 たまか
【第100回】 2012年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 11月22日の「いい夫婦の日」を前に、「いい夫婦の日をすすめる会」が夫婦関係に関する調査を行った。この調査結果によると、「生まれ変わっても今のパートナーを選ぶ」と答えた人は全体の37%だった。同調査では、この他にも結婚に至るまでの交際期間や、パートナーを選んだ理由についても聞いている。

 調査は2007年から毎年実施。対象者は調査会社モニターより抽出した18歳以上の既婚者(男女)800人。

50代男性、40~60代女性に多いのはなぜ?
「生まれ変わったら別のパートナーを選ぶ」

 まず、「生まれ変わったとしたら、今のパートナー(夫もしくは妻)を選びますか」という問いに対しては、冒頭で触れた通り、最も多かったのは「考える」と答えた人で全体の43%で、次いで「もちろん今の相手を選ぶ」(37%)、「別の人を選ぶ」(21%)となった。

 性別・年代によってやや差があり、「もちろん今の相手を選ぶ」を選んだ人が平均よりも多かったのは男性では30代以下、40代、60代。それぞれ50%弱の人が「もちろん今の相手を選ぶ」と答えている。これに対して、女性で「もちろん今の相手を選ぶ」と超えた割合が全体より多かったのは30代以下のみだった。

 一方、50代の男性と、40代、50代、60代の女性では、平均と同等かそれより低い結果となった。この結果から、どちらかというと男性の方が、パートナーへの“信頼”が厚いと読み取れる。結婚生活が比較的短いであろう30代以下の多くの男女が「もちろん今の相手を選ぶ」と答えている一方で、50代の男女はどちらもそう答えた割合が低い。子育てが一段落したころに夫婦の危機が訪れるというのはよく聞く話だが、実際にこの調査でも、それを裏付ける様な結果が出た。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧