ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

IBMやマイクロソフトも追随せざるをえない
「クラウド・コンピューティング」の潮流

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第45回】 2008年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 グーグルが「クラウド・コンピューティング」を志向するのは、同社のこれまでのビジネスモデルを考えれば、当然の方向である(もともとこの概念は、グーグルのCEOであるエリック・シュミットが2年前に提唱したものだ)。

 注目されるのは、この方向を志向しているのがグーグルだけではないということだ。

 IBMは、2007年11月、クラウド・コンピューティング製品系列「Blue Cloud」を発表した。これは、各地に分散している情報リソースをネットワーク経由で集中管理し、全体としてさまざまなサービスを提供するためのものだ。グーグルが主として個人や小企業を相手にしているのに対して、IBMは大企業を念頭においている。こうして、個人向けに広まってきた「クラウド・コンピューティング」が、企業システムにも広がろうとしている。

 さらに、マイクロソフトも「クラウド・コンピューティング」に取り組んでいることを認めている。10月1日にロンドンで開催されたイベントにおいて、同社バージョンのクラウドである「Windows Cloud」の存在が公表された(名称は「Windows Strata」 になるのではないかと言われている)。

 これは、IBMの動向にもまして注目に値することだ。なぜなら、マイクロソフトは、サーバーやパソコン(PC)にインストールして動かすOSやアプリケーション・ソフトの提供をこれまで主たるビジネスとしてきたからだ。クラウドへの移行は、同社のビジネスの基盤を揺るがしかねない。それでも、その方向を志向せざるをえないのだ。

 こうした動きをみていると、マイクロソフトがインターネット対応の遅れを取り戻すために、ネットスケープに対して強引ともいえる戦いを仕掛けた90年代後半の「ブラウザ戦争」を思い出す(*1)。そのときと同じような大変化が、いま起ころうとしているわけだ。web2.0というのは、「ウェブ利用法の改善」といった側面が強かったが、「クラウド・コンピューティング」は、もっと本質的で、もっと影響が大きい変化だと考えることができる。

*1: 野口悠紀雄『ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル』(新潮社、2005年)第Ⅲ部第2章を参照。

「シンクライアント」と
低価格コンピュータ

 クラウド・コンピューティングが一般化すれば、これまでPCにインストールして使っていた機能のほとんどは、ネットから供給されることになる。われわれが日常的に使うソフトは、それほど多くはない。メールとワープロ(またはテキストエディタ)、そして表計算ソフトがあれば、たいていの仕事はこなせる。そして、これらはすでにGoogle Appsで提供されている。

 したがって、個々の利用者から見ると、手元に置くコンピュータは、簡単なものですむことになる。極端に言えば、入力のためのキーボードやマウスと出力のためのディスプレイ、それにブラウザ機能だけがあればよい。手元のPCに計算能力はなくてもよいのだ。

 それにもかかわらず、現在のPCは、かつてのスーパーコンピューターを上回るほどの能力を持つCPUを搭載している。こうしたものが本当に必要なのかどうかは、大いに疑問だ。ウィンドウズのXPもⅤistaも、不必要な機能をたくさん抱え込んでいるために、重く遅くなっているとの批判がある。しかも、利用者は、そのためにコストを支払っている。

 多くの利用者の希望は、おせっかいな機能をできるだけ減らし、その代わり軽く快適に動くPCだろう。実際、最近のパソコン雑誌の特集記事の多くが、「余計な機能を削ぎ落とすためにどうしたらよいか」を指南している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
野口悠紀雄氏の最新刊「円安バブル崩壊」好評発売中!

急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に。「サブプライムショック」はあくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、あり得ない円安・低金利政策にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ! 1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

本当に使える情報源を求めて、野口教授が広大なインターネット・ワールドを駆けめぐる。各種情報源の特徴から使い勝手まで、辛口コメントを交えて大公開!

「野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道」

⇒バックナンバー一覧