ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中国人のやる気はこうして引き出せ
【第2回】 2012年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
塙 昭彦 [セブン&アイHLDGS.顧問]

イトーヨーカ堂はなぜ
中国で成功することができたのか

1
nextpage

“商人の国”中国で成功するには、並大抵の努力では勝てない。イトーヨーカ堂も、外資系小売業として中国で一定の地位を築いた今日に至るまで、苦難の連続だった。15年前の1号店開店前には、お客様の生活を知るために早朝出かけ、ゴミ収集車が回収する前の家庭ゴミの中身を調べたことすらあった。

 日本の方は、もしかしたらご存じない方も多いかもしれません。日本で生まれたイトーヨーカ堂は今、中国で13の店舗を展開しています。北京で8店、そして四川省の成都で5店。おかげさまで大変な好評をいただいており、どの店舗も急激な成長の過程にあります。

 成長ぶり以上にありがたいのは、イトーヨーカ堂が中国で大きな存在感を持って、中国のお客さまに受け入れられていることです。日本では、1日のレジ通過客数は土日でも1万5000人から2万人ほどですが、中国では、平均で2万5000人。土日は約4万人にも達します。大変な人気店舗として認めていただいているということです。

 北京も成都も巨大な商業施設が次々と建ち並び、中国有数の消費地として中国国内ではよく知られていますが、イトーヨーカ堂は高い支持をいただいています。その存在を知らない人は、ほとんどいないと思います。とりわけ一足先に開業した成都では、地元で最大級の小売業グループとして、成都の方々、さらには地元の行政からも高くご評価いただいています。

 実は、日本の店舗を含めたイトーヨーカ堂全店で、売上げ順位の第1位になっているのは、中国・成都の双楠店です。すでに日本の店舗を、売上げや利益で上回ってしまっているのです。

現場・幹部の多くを中国人が担う“現地化”を実現

 そして、これはよく驚かれるのですが、これだけの展開をしながら、中国のイトーヨーカ堂には、日本人は数えるほどしかいない、ということです。ほとんどが中国人によって運営されているのです。店長も12人が中国人、うち7人は女性です。現地法人の役員も、7人中3人が中国人です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


塙 昭彦(はなわ・あきひこ) [セブン&アイHLDGS.顧問]

1967年8月イトーヨーカ堂入社、85年取締役オペレーションサポート部長、その後、常務取締役食品事業部長、衣料事業部長などを歴任。1996年に、営業本部2万5000人の頂点に立つ専務取締役営業本部長から、部下のない中国室長に転じた。中国での店舗展開の礎をゼロから築き、現在では13店舗、売上高800億円の規模に成長している。2007年セブン&アイHLDGS.取締役、セブン&アイ・フードシステムズ代表取締役社長、2011年より現職。一貫して営業畑を歩んできたが、同社労働組合を結成したり、女子バレーボール部のオーナー兼部長兼総監督としてチームを廃部寸前から日本一に導くなど、特異な経歴を持つ。オフィスはなわ代表取締役社長、一般財団法人徳育経営研究所理事長を兼務。


中国人のやる気はこうして引き出せ

世界の工場から巨大市場としての存在感を増す中国。多くの日本企業が進出しながらも、慣れない商習慣や中国人社員のマネジメントに苦戦しています。しかも、領土問題を契機とした反日感情の高まりにより、日系企業への逆風は強まるばかり。
  ただし、だからといって成長する中国市場への挑戦が終わることはないでしょう。厳しい環境に屈することなく、人心を掌握し、成功を掴むには何が必要なのか?中国人部下やともに働く日本人のモチベーションを向上させ戦力として育てていくための考え方と方法論について、イトーヨーカ堂初代中国室長の塙昭彦・セブン&アイHLDGS.顧問に余すところなく綴ってもらった『中国人のやる気はこうして引き出せ』刊行の記念に、そのエッセンスを紹介します。

「中国人のやる気はこうして引き出せ」

⇒バックナンバー一覧