ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

政権交代で日本経済を成長させられるか?
JAL問題が次の政権の試金石になる理由

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第207回】 2012年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 12月16日に衆院選が行なわれることになりました。そこで政権交代となり、次は自民党中心の政権ができる可能性が高いと思われますが、では次の政権は日本経済を本当に成長させられるでしょうか。

民主党政権による民間への過剰介入は
企業の競争力を低下させた

 自民党の安倍総裁は14日(水)に行なわれた党首討論の中で、「(民自の)どちらがデフレを脱却し、経済を力強く成長させていくにふさわしいか。……それを(国民に)決めていただこうではありませんか」と発言しています。

 確かに民主党政権は、デフレを克服できないまま消費税増税は行なうという、経済成長という観点から明らかにマイナスの政策対応を行なってきました。そう考えると、安倍総裁が“自民党なら日本経済を成長させられる”と暗に自信を示すのも当然ですが、次の政権が本当にそれを実現できるかを考えるには、まず民主党政権の経済政策の失敗を総括する必要があります。

 そこで大事なのは、経済政策というとすぐにデフレとか消費税といったマクロ政策ばかりに目が行きがちですが、民主党政権はそれ以外、つまりミクロ政策でも失敗を重ねてきたことではないでしょうか。

 具体的には、政府が必要以上に産業や企業に過剰介入するようになり、その延長で企業の側も何かあるとすぐに政府に泣きついてカネを無心するようになったということです。その具体例として、詳細の説明は省きますが、日本航空(JAL)、東京電力、ルネサス エレクトロニクスなど、いくつもの名前をあげることができます。

 もちろん、企業の業績が振るわず、地方の景気も悪い一因は、政府のマクロ政策の失敗によるデフレと円高の放置にあります。それは間違いありません。しかし、同時に、民主党政権3年の悪弊で政府の過剰介入が当たり前になり、困ったら政府にすがれば予算で面倒みてくれると思うようになりました。結果として現場の力は強いにも拘らずイノベーションの創出を怠るようになった民間の経営者や地方の首長にも、責任の一端があるのではないでしょうか。国に甘える民間や地方がグローバル競争の中で生き残れるはずがないからです。

 即ち、総選挙を経て誕生する新政権が、デフレ脱却や円高是正に加え、そうした民間や地方の甘えをどこまで断とうとするかが、日本経済の再生のためには不可欠なのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧