ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

あのときの張本人たちは今――中国メディアの“反日デモ検証報道”から見えてくるもの

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第112回】 2012年11月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国100都市以上で発生したとも報じられている反日デモから、すでに2ヵ月が過ぎた。季節が秋から冬へと移るように、中国もあの当時のままの中国ではない。徐々に変化も表れている。中国のメディアは今、あの激しかった反日デモを改めて国民に問いかけている。

 10月の第四週、中国中央電視台は、あるインタビュー番組を放送した。マイクを向けられているのは、深セン市福田区に住む29歳の男性。李志偉と名乗る彼は、反日デモ当日に武装警察官が運転する車を棍棒で打ち壊すなどの破壊行為に及んだ張本人のひとりである。

警察車両を襲った若者、
デモ当時を振り返る

 「9月16日、あのときあなたは、なぜ反日デモに参加したのか」と記者が問い、「宿舎にいても退屈だった」と李が答える。

 小学生のとき以来歌ったことのない国歌を思い出しながら歌い、“日本製品ボイコット”を叫んだ。「どんどん熱を帯びる周囲の雰囲気に、自分はすっかり呑まれていった」と述懐する。

 心の中には、日本の尖閣諸島に対する国有化に対する不満が少なからずあったようだが、彼が反日デモに参加した動機は、非常に曖昧なものだったようだ。

 記者「(襲撃の際に使用した)棍棒はどこから調達したのか?」
李「(襲撃場所の)そこにあった」
記者「日頃からこういう暴力行為に及ぶタイプなのか?」
李「どちらかといえば内気ではにかみや。喧嘩すらしたことがない」

 そして記者が9月16日の行為について斬り込むと、李は「まさしくあの暴力行為は自分だった。ふだんとはまったく違う人間になっていた。もはや自分への抑制は効かなかった…」と答えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧