ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

世界最大のホテルチェーン、スターウッドが
打ち出した日本出店、倍増計画

週刊ダイヤモンド編集部
2012年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
2012年9月にオープンした「シェラトン・マカオ・ホテル・コタイ・セントラルマカオ」。 屋外でのパーティーが可能だ

 シェラトンやウェスティンなどを展開する世界最大のホテルチェーン、スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツが、日本で攻勢をかけようとしている。

 ステファン・ホー・アジア太平洋地区社長は、「今後3~4年をめどに、日本でのホテルを現在の15軒から30軒に倍増させる」と明言する。

 東京は、すでに主なラグジュアリーホテルが進出し、飽和感さえあるが、「その魅力は依然として大きく、日本国内からも海外からも集客できる。スターウッドのホテルは都内にたった2つしかない。セントレジスもWホテルもまだ東京には出店していない。チャンスはある」(ホー・アジア太平洋地区社長)。

 スターウッドが狙うのは、新しくオープンする建物だけではない。すでに稼働しているホテルのチェーン変更を働きかけている。

 たとえば、シェラトン都ホテル東京は、2007年まではラディソン都ホテル東京だった。「米国や欧州でのコンバージョン(チェーン変更)の実績はあり、(鉄道会社やディベロッパーのような)ホテルオーナー向けに、開発チームを作って情報交換をしたり、時に売り込みをしたりしている」(ホー・アジア太平洋地区社長)。

 スターウッドがアピールするポイントは2つある。

 1つは、SPG(スターウッド プリファード ゲスト)とよばれる会員制度だ。宿泊するたびにポイントが付き、SPG会員専用フロアを利用でき、貯まったポイントに応じて部屋のアップグレードや連泊の際の一泊分無料などの特典が受けられる。

 「宿泊者の2人に1人がSPG会員というデータもある」(ホー・アジア太平洋地区社長)と言い、ホテルオーナーに安定収益をアピールしている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧