ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」

新たな除去工事にも“水増し”と“不適切”疑惑
石巻市で発生した“典型的”アスベスト飛散事故(3)

井部正之 [ジャーナリスト]
【第11回】 2012年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2カ月後の発注で「緊急」主張

 本連載第10回で指摘した宮城県石巻市によるアスベスト除去工事の“二重発注”問題だが、なぜ市は除去工事を失敗した業者にもう一度、しかも以前より高額の予算で委託したのだろうか。また、こうした発注は適切なのか。

 それを考える前に現場の状況を簡単におさらいしよう。

 前回明らかにしたように、石巻市はアスベストを飛散させたとして問題になった解体工事について、市にアスベスト除去工事の管理能力がないため、そうした知見のある解体業者を元請けにし、現場監理も含めて除去工事を発注したと説明していた。ところが、実際には元請け業者は地元の有限会社菅野工務店で、市の説明と違って「抽選」で選ばれたにすぎなかった。

 そして案の定というべきか、除去業者の環匠(埼玉県川越市)が吹き付けアスベストを取り残していたにもかかわらず、それに気づかずに元請けの菅野工務店が解体に入ってしまい、飛散させた。その結果、関係者が一致して証言するように「現場一帯にアスベストが散乱している状態」となってしまった。

 これを適切なアスベスト対策にもとに除去・撤去することが必要となったのだが、こうした工事は通常のアスベスト除去に比べ、難易度が高い。なぜなら通常のアスベスト除去工事であれば、はりや天井、柱というように、ある程度アスベストがある場所が特定しやすいのに対し、工事の失敗でいたるところにアスベストが散乱している現状では、逆にすべてに注意が必要となり、作業をするために現場を密閉する養生1つとっても容易ではない。

 対策工事の難しさについては石巻市災害廃棄物対策課課長補佐の鎌田清一氏も「解体したガラにアスベストが混じっている。吹き付けてあるものを除去するだけではない特殊な業務になる」と認める。そうした作業をいかに適切にするかといったあたりにノウハウがある。

 さて、ここで冒頭の疑問である。石巻市はそうした困難な工事をなぜ、除去工事を失敗した業者に再度委託したのか。同市の鎌田氏はこう説明する。

 「近隣住民への安全確認の問題もあり、緊急性があった。現場をわかっているということもある。また家屋解体と処理についての国の補助期間もかかわっている。現在の計画では来年度中に解体物の2次処理をすることになっており、それに間に合わせるために今年度中に解体まで終わらせなければいけない。どうしたら早くアスベストを除去して解体に入れるか検討し、前回やった業者が除去した方が早いんじゃないかと考えた」

 市が環匠と随意契約したのは10月30日。飛散事故からすでに2ヵ月が経過しており、いまさら緊急性を理由にすることには無理がある。事故後すぐに対応してもらったと言いたいのだろうが、現場に市販の飛散抑制剤をまいて、ブルーシートでおおうだけなら誰にでもできる。それから正規の手続きできちんと発注することは十分できたはずだ。

 ましてや前回、通常の工事ですら適切にアスベストを除去できなかったのである。多少この現場を知っているからといって、新たに実施するさらに難しい除去工事が適切にできると判断する理由にはなるまい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

井部正之 [ジャーナリスト]

地方紙カメラマン、業界誌記者を経て、2002年よりフリー。現在アジアプレス・インターナショナル所属。産業公害や環境汚染、ゴミ問題などを中心に取材している。


放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、東京電力福島第一原子力発電所の事故による大量の放射能がまき散らされた。それ以来、私たちの生活は大きく変わった。降ってくる雨水、蛇口から出る水、スーパーで売られている食べ物……、ありとあらゆるものが、放射能に汚染されているのではと、汚染を疑わざるを得なくなったのだ。しかし、こうした私たちの生命と健康を脅かす汚染は、なにも3.11で始まったわけではない。アスベスト、他のさまざまな有害ゴミは、もともと私たちの生活のすぐそこに存在した。環境汚染大国ニッポンー◯。その実態をレポートする。

「放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」」

⇒バックナンバー一覧