ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

震災需要で第2の水ブームも
飲料各社を悩ます薄利多売

週刊ダイヤモンド編集部
2012年10月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ミネラルウオーター市場が急拡大している。飲料総研の調べによると、2011年のミネラルウオーター市場は初めて2億ケース(1ケースは約12リットル)を超えた。12年も1~8月累計販売数でサントリーの「天然水」が前年同期比3%増、アサヒ飲料の「六甲のおいしい水」が同11%増、キリンMCダノンウォーターズの「アルカリイオンの水」が同11%増と大きく伸びている。

 ミネラルウオーター市場は、500ミリリットルペットボトルの輸入品のブームをきっかけとして、2000年から07年まで右肩上がりで伸び続けてきた。だが、これも08年で頭打ちとなり、ここ数年は縮小傾向となっていた。それが再び上向いたのは、大型ペットボトルの低価格ミネラルウオーターが東日本大震災後に新たな市場を確保したからだ。

災害用家庭備蓄として、大型ペットボトル水をコメや缶詰と一緒に売る提案も行われている
拡大画像表示

 キリンビバレッジの調査によると、ミネラルウオーターの購入動機として最も多いのは「炊飯」「調理用」で、これは震災後からこれまでほとんど落ちていない。震災直後に水道水の放射能汚染不安で調理用の水をミネラルウオーターに切り替えた家庭は東日本で多い。現在では水道水からの放射性物質の検出は皆無で、料理に使っても全く問題はないが、子供を持つ家庭などでいまだにミネラルウオーターが使われている。また、災害非常時のストック用として、缶詰やコメなどと合わせて売られたり、ホームセンターなどでも販売されるなど、取り扱い売り場は拡大している。

 しかし、このミネラルウオーターの大型ボトルという商品は、メーカーにとって最も利幅が薄い商品でもある。量販店での価格競争が激しいからだ。2リットルのペットボトル商品が、500ミリリットルのペットボトル商品の定価より安い100円以下で販売されるケースは珍しくない。一方、単価が高い500ミリリットルペットボトルの輸入ミネラルウオーターは各社とも苦戦。輸入もので国内で最もシェアの高いボルヴィックでも、1~8月の累計売上高で前年同期比18%減と大きく減った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧