ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日中国交正常化40周年 どう中国と付き合うか

続・習近平新体制の行方
新政権後半の5年に政治改革に踏み切る
――日本総合研究所理事 呉軍華

呉 軍華 [日本総合研究所理事]
【第11回】 2012年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いまから2週間ほど前になるが、11月14日深夜(アメリカ東部時間)、向こう5年の中国を牛耳る中国共産党中央の新しい政治局常務委員会がやっと表舞台に姿をみせた。ワシントンの自宅で、インターネットで伝えられたこの一幕を見てベッドに入った。

政治改革の可能性は
本当に下がったのか

 中国研究を職業とする人間にとって、中国の動向を分析するに当たって、共産党大会は常に最も重要なイベントの一つであったが、「18大(中国共産党第18回全国代表大会)」ほど注意深く見守ったことはこれまでなかった。原因は二つあった。

 一つは、熾烈な権力闘争の展開を背景に、最高指導部たる政治局常務委員会の人事が、最後の最後まで決められなかったことである。つまり、これまでの党大会でも権力闘争が展開されていたが、今回ほど熾烈でしかもなかなか決着がつかなかったことはなかった。

 もう一つの原因は今回の党大会で発足した新指導部の政策次第で中国の行方、つまり中国がスーパーパワーとして本格的に台頭するか、または「中所得国の罠」に陥り、政治的にも経済的にも大きな混乱に陥るかが決まるとみているからである。ちなみに、私がこの仕事を始めたのは1990年であったが、それ以降の党大会はその後の中国の成り行きにある程度の影響を与えたが、その影響は主として具体的な政策、なかでも経済政策に対するものであった。

 民主化につながる政治改革に踏み切る可能性という視点からみて、改革志向が最も高く能力的にも高い李源潮氏と汪洋氏が今回、最高指導部たる政治局常務委員会入りを果たせなかったことには、ちょっとがっかりした。しかし、両氏がメンバーから外されたことだけで、政治改革の可能性は急激に下がったと判断するのは妥当ではないと思う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


日中国交正常化40周年 どう中国と付き合うか

2012年9月29日は、日中共同声明が出され両国の国交が正常化してらから、満40年を迎える。この間、経済の相互依存度は急速に高まる一方、政治や国民感情は親密・対立を繰り返してきた。人間でいえば、不惑の年を迎えたにもかかわらず、足下では領土問題を巡り、両国の国民感情は悪化している。世界第2位と3位の経済規模を持つ、両国の対立はアジアにとっても、世界にとっても、悪影響を及ぼすことは間違いない。長期的な展望に立ち、両国の関係をどう改善していったらいのか。各界の専門家・識者が、中国とどう付き合うかを提言する。

「日中国交正常化40周年 どう中国と付き合うか」

⇒バックナンバー一覧