ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスの落とし穴

『手段の目的化』
~社員全員が見失った「本来の目的」~

――「ビジネスの落とし穴」その(1)

嶋田 毅 [グロービス 出版局長兼編集長、GLOBIS.JP編集顧問]
【第1回】 2008年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 あなたはこれまでにこのような経験をしたことはないだろうか――。

■相手がわかりやすいよう、丁寧に背景を説明していたつもりだったが、なぜか相手がイライラし始めた・・・。

■気合いを入れて20ページもある企画書を書いたのに、上司はそれをほとんど読んでくれなかった・・・。

■部下が提出してきた企画書は、自分のイメージとは全く別のものだった・・・。

日常のビジネスシーンには
多数の『落とし穴』が!

 上記はほんの一例にすぎない。しかし、日常的なビジネスシーンにはこのような“失敗”がつきもの。本人がイメージしていたものとは全く違う結果になってしまうことも少なくない。まさにビジネスの現場には実に多くの『落とし穴』が潜んでいるといえる。時にはその落とし穴を“自ら”掘っている場合もある。思い込みや曖昧なコミュニケーションなど、ちょっとしたボタンの掛け違いがその原因だったりするのだ。

 ではどうしたらいいのか――。そのために一番大切なことは、「目的を押さえる」こと。「何のために行なうのか?」、それをきちんと理解しておかなければならない。しかし残念ながら、多くのビジネスパーソンはそれがきちんとできていないことが多い。一番危険なのは、わかった“つもり”なのである。

 そこで今回は、「目的」の意味を履き違えて失敗した、ある食品メーカーのケースを見てみよう。

【失敗例】食品メーカーA社のケース
「何のためのアウトソース?」

 A社は、中堅の食品メーカーである。A社の経営陣は、生産性向上とコストダウンを旗印に、これまで以上に積極的にアウトソーシング(業務の外部化)を行なうことを決定した。会社の核となる強み以外は、どんどん外に出していこうという積極的なものである。

 こうした中、本社の管理本部長の清野は、「こうしたときこそ、スタッフ部門である我われが率先垂範しなければならない」と考えた。そして彼は部下の部長たちにその考え方を伝えるとともに、それを推進するための施策として「管理本部のそれぞれの部署について、アウトソーシング進展度合いを測定し、公開する」と告げたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
嶋田毅氏の最新著書「ビジネス仮説力の磨き方」 好評につき、増刷決定!

目のつけどころがよく、独自性がある――ライバルの一歩先をいく仮説をいかにすばやく作るか。どうやって検証し、実行に落と込んでいくか。発想の幅を広げ、実現可能性を高め、走りながら仮説検証を繰り返し、いち早く実践に到達するための実践的プロセスを一挙公開。1680円(税込)

話題の記事

嶋田 毅 [グロービス 出版局長兼編集長、GLOBIS.JP編集顧問]

東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。戦略系コンサルティングファーム、外資系メーカーを経てグロービスに入社、主に出版、カリキュラム設計、コンテンツ開発、ライセンシングなどを担当する。現在は出版、情報発信を担当。累計120万部を超えるベストセラー「グロービスMBAシリーズ」や、「グロービスの実感するMBAシリーズ」のプロデューサーも務める。
グロービス経営大学院や企業研修においてビジネスプラン、事業創造、管理会計、定量分析、経営戦略、マーケティングなどの講師も務める。また、オンライン経営情報誌 GLOBIS.JPなどで、さまざまな情報発信活動を行っている。


ビジネスの落とし穴

思い込みや勘違いなどビジネスの現場に多く潜む『落とし穴』。具体的な「失敗談」を紹介しながら、クリティカルシンキングの手法を使って、落とし穴の「原因」と「解決法」を探る!

「ビジネスの落とし穴」

⇒バックナンバー一覧