ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
健康食生活

飲み過ぎにハードワーク……
疲れがひどいときの食事は?

植木もも子 [料理研究家・管理栄養士・国際薬膳師]
【第32回】 2012年12月13日
著者・コラム紹介バックナンバー

 12月は公私共に忙しい時期。寒さも体の働きを鈍らせます。過労を放っておくと内蔵機能が低下し、食事が喉を通らなくなります。食べられないとエネルギーをつくれなくなり、ますます疲労がたまるという悪循環に。

 まずは思い切って早く寝ることです。生のショウガをたっぷりすりおろし、ハチミツ、レモンの搾り汁を混ぜて熱湯を注いだホットジンジャーレモネードを飲んで、温かくして休みましょう。一晩ぐっすり眠ると胃腸の働きも多少は回復。風邪予防にも効果が期待できます。

 食事は消化吸収の良い、スープやお粥がお薦めです。素材の栄養分が溶けたスープは、体に吸収されやすく効率的。疲労がたまったときには鶏胸肉、山芋なそを煮込んだスープや、ゴマ、鶏肉、ニンジンすりおろしなどを加えたお粥がよいでしょう。

 飲み過ぎのときは、タラとワカメ、セロリとキクラゲとホタテのスープなどお酒の熱を取り肝機能を助けるアミノ酸が豊富なタンパク質を煮込んだものを。風邪予防には、ビタミンC(柿、ミカン、キウイ、イチゴなどの果物)、ビタミンE(ゴマ、アーモンドなどナッツ類)、カロテン(ホウレンソウ、小松菜、ニンジンなどの有色野菜)を積極的に取りましょう。

 薬膳では“気を補う”といわれる今回のレシピ。鶏胸肉にはイミダペプチドという疲労回復物質が含まれています。代謝をアップするビタミンB群(納豆など)とクエン酸(お酢、柑橘類など)を一緒に取るとさらにパワーアップ。忙しい方は外食で韓国料理の参鶏湯がお薦めです。

薬膳では、鶏胸肉と干ししいたけは気の消耗を補うといわれます
撮影/中川真理子

● 疲労回復に
鶏胸肉と干ししいたけのスープ
 
材料(2人分):
鶏胸肉1/2枚、干ししいたけ3枚、ショウガ薄切り3~4枚、無添加鶏ガラスープの素小さじ1、水2カップ、酒大さじ3、塩小さじ1/3
 
作り方:
①干ししいたけは戻して薄切りに。
②鶏胸肉はさっと洗い、一口大のそぎ切りにして酒大さじ1を振りかける。
③鍋に①の戻し汁1カップ、水、ショウガを入れて火にかけ、干ししいたけを加えて煮立ったらアクを取る。
④③に酒大さじ2とスープの素を加えて約2分煮て②の鶏肉を加え、色が変わったら1分ほど煮て塩で味を調える。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

植木もも子 [料理研究家・管理栄養士・国際薬膳師]

健やか料理研究家、管理栄養士、国際中医師・国際中医薬膳管理師。
遼寧中医薬大学付属日本中医薬学院の薬膳講師を務める。原宿にて薬膳と栄養学双方を取りいれた美味しい季節の料理教室と初心者のための男性料理教室を主宰。企業、レストランなどの健康メニューの提案、開発等を手掛ける。NHKテレビテキスト『きれいの魔法』にて、「きれいになる薬膳レシピ」好評連載中。近著『夜九時ご飯』(新星出版社)『欝に効く、食べ物、食べ方。作りかた』共著(保健同人社)『毎日作らないおかずの手帳』日東書院など
「毎日の食事が人生を作る」「美味しく!楽しく!健康に!」をモットーに活動中
HP  http://www.peachtreekitchen.jp


健康食生活

おいしい食事のあとは、満腹感より満足感が強いですよね。私たちの体は、毎日の食事から摂取した栄養でできています。この連載では、健康を保つための食事のとり方をご紹介します。体が喜ぶ食生活を考えていきましょう。

「健康食生活」

⇒バックナンバー一覧