ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に
【最終回】 2012年12月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者]

最終回
消えたブラジル人サッカー留学生の行方

1
nextpage

サッカー、野球、相撲、陸上……競技を問わず、日本人選手と共に外国人選手が汗を流す姿はいまや当然の光景となった。これは社会人競技に限ったことではなく、高校生の世界で活躍する留学生を目にすることも珍しくない。
社会学者・開沼博は、15歳で来日し、青森県のサッカー強豪校に「スポーツ特待生」として入学したブラジル人男性の半生に迫る。メディアも注目して将来を期待された彼は、なぜサッカーという夢を諦め、夜の世界を転々とするようになったのか。そこには、表の世界に順応できなかった彼を包み込む、裏の世界の寛容さが垣間見えてきた。
私たちが普段目にしている、日本社会で成功を遂げた一握りの外国人タレントからは見えてこない、「グローバル化」からこぼれ落ちた者たちの行方とは――。大反響を呼んだ人気連載がついに最終回を迎える。

爽やかな笑顔を浮かべながら
流暢な敬語を操るブラジル人

 家に帰って玄関の扉を開けると、ドン・キホーテで数千円で購入した「空気で膨らませるベッド」の上でブラジル人が眠っている。丸出しになった筋肉質の背中には、十字架をモチーフにしたタトゥーが彫られていた。

 私がパソコンを開いて静かに作業をしていると、彼は目を覚ました。

 「あー、すみません。お疲れ様です」

 爽やかな笑顔を浮かべながら、丁寧な敬語で流暢に話し始めた。

――仕事、朝までだったんですか?

 「そうなんです。昨日は店でずっと働いてて、店の人と一緒に少し飲みに行ってました。六本木の駅に行っても、どの電車に乗ればいいのかまだよくわからないんで、タクシーで帰ってきました」

――眠っちゃって知らないところに行っても困りますしね。でも、眠ったところで、山手線なら1時間かけてグルグル回るだけだから、安心して居眠りもできますよ。

 「おー、ホントですか(笑)。ぼくも今度やってみますよ」

 それは、数日前から六本木の飲食店で働き始めたクリスチャン・カルロスが、我が家に居候を始めてから2日目のことだった。クリスチャンが東京にやって来る際に面倒を見てもらっていた人物から、「前に預けた先ももう2週間になるから、そろそろなんだ。1週間だけ置いてやってくれ」と請われたため、受け入れた。

 「酒を飲みすぎなければ全然問題ないヤツだから」

 確かに、それからの1週間、私の自宅にいる間も全く問題は起こらなかった。それは、クリスチャンが酒を飲み過ぎなかったためであるが――。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 


開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に

不法就労外国人、過激派、偽装結婚プロモーター、ヤクザ、チーマー、売春婦……。彼らはときに「アウトロー」や「アンダーグラウンド」と評され、まるで遠い国のできごとのように語られてきた。しかし、彼らが身を置く世界とは、現代社会が抱える矛盾が具現化された「ムラ」に過ぎない。そして、「あってはならぬもの」として社会からきれいに“漂白”されてしまった「ムラ」の中にこそ、リアリティはある。
気鋭の社会学者である開沼博が、私たちがふだん見えないフリをしている闇の中へと飛び込んだ。彼はそこから何を考えるのだろうか? テレビや新聞を眺めていても絶対に知ることのできない、真実の日本を描く。全15回の隔週火曜日連載。 
 

「開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に」

⇒バックナンバー一覧