ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
こんなに変わった!弁護士選びと法律の新常識

誰にでもマッチする万能弁護士はいない
あなたに合った弁護士の見つけ方

【第3回】 2012年12月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

トラブルに巻き込まれ、弁護士に仕事を依頼したいとき、どうしたらいいのか。誰にとっても、どんなトラブルでも対応できる、万能な“良い弁護士”などいない。あなたとの相性が合う弁護士を選ぶことが重要なのだ。

立派な肩書きでも
100%信用はできない

 ある県の弁護士会会長まで務めた弁護士(80歳)が、成年後見制度を悪用し、成年後見人のおカネ約265万円を着服したことが発覚した。2012年秋、弁護士が所属する県の弁護士会は、業務停止2年の懲戒処分をし、業務上横領の容疑で刑事告発もしている。

 別の県では、弁護士の不祥事を調査する綱紀委員など、弁護士会の要職に就任していた弁護士(66歳)の不正が発覚した。この弁護士は、成年後見人である女性の弟を監督する「成年後見監督人」にも選任されていた。綱紀委員や成年後見監督人は、いずれも不正をチェックする立場である。

 にもかかわらず、弁護士は弟に「裁判所から指示があった」と嘘をつき、女性の口座から8回にわたって合計約4400万円を自分の銀行口座に振り込ませ、生活費や事務所経費に流用した。弟が裁判所に問い合わせて発覚し、2012年秋に詐欺の容疑で逮捕された。

 残念ながら、弁護士の中にも依頼者に対して刑事上の犯罪になるようなことを行う人がいる。「立派な肩書きの弁護士だから大丈夫だろう」と100%信用することはできないのだ。

 依頼者から預かっている財産を弁護士が着服する事例は、成年後見に限った話ではない。裁判所への訴訟費用等、実費に使うための「預り金」を弁護士に預けることは多い。その預り金を着服される事件もある。

 いつ頃、何に使うかも明確に説明せず、多額の預り金を要求されたら警戒した方がよい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


こんなに変わった!弁護士選びと法律の新常識

出来れば弁護士の世話にはなりたくない。そう思っている人が大半だろう。だが、トラブルや災いは突然、襲ってくる。一生涯、無縁でいられる保証もない。

その弁護士を取り巻く環境はここ数年、大きく変わった。司法制度改革によって競争が激化。新しいタイプの弁護士も続々登場している。サービス業としての意識も徐々に高まってはいるが、それでもまだ敷居の高い存在である。自分と相性があう弁護士を見つけるにはどうしたらいいのか、料金はどのくらいかかるのか、仕事を依頼したのに何の連絡もない……。そんな悩みを抱えている人も少なくないだろう。

このコーナーでは、新司法制度で揺れる弁護士業界の現状、自分に合った弁護士の見つけ方、いざというときに知っていると得する法律の基礎知識などを取り上げる。

「こんなに変わった!弁護士選びと法律の新常識」

⇒バックナンバー一覧