ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【クイーン「オペラ座の夜」
ボヘミアン・ラプソディ~マイ・ベスト・フレンド】
切れ間なく続く音楽の絵巻物そして万華鏡

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第51回】 2013年1月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年2013年は、クイーンが正式にデビューして40周年です。

 1973年5月にデビュー盤を発表した訳ですが、この年に生まれた赤ちゃんは今や不惑の年を迎えます。感慨深いものがありますね。

 この40年間に、ロック、ポップの世界で無数のアーティストがデビューして来ましたが、クイーンほど過激で驚きに満ちると同時に、素晴らしい音楽を生み出して、しかも常に進化し続けるバンドはありません。

 クイーンはデビューの時から、何かと話題を振りまきました。当初の評論家達の酷評をものともせず、幾多の名盤を生みました。優れた音楽性と商業的成功を最高のレベルで両立しました。フレディ・マーキュリーの悲劇的な死も乗り越え、クイーン伝説は今も現在進行形です。

 と、いうわけで、今週の音盤はクイーン「オペラ座の夜」(写真)です。

 「オペラ座の夜」は、間違いなく、クイーンの最高傑作アルバムです。デビューから3年、第4作。フレディ、ブライアン、ジョン、ロジャーの4人が創り上げた万華鏡のような音楽世界は圧倒的です。黒人のブルースと白人のカントリー&ウエスタンが合体して出来上がった娯楽の音楽・ロックが、ここまでの進化を遂げたことは驚嘆に値します。

 そして、この音盤に収録された全12曲には、ロックやヘヴィメタル、ポップスだけではなく、オペラやバロック、さらにはジャズ、ブルース、バラード、ヴォードヴィルやカントリー・フォークなど実に多様な音楽が溶け込んでいて、ロックの概念すら変えてしまうほどです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧