ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

成長カテゴリーが相次ぎ失速で
縮小に拍車がかかるビール市場

週刊ダイヤモンド編集部
2013年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ここ数年成長を支えてきた新ジャンル、ノンアルコールビールが相次ぎ失速。キリンの2013年販売計画は異例の前年比マイナス(写真は磯崎社長)
Photo:DW

 2012年の国内酒類販売の状況を示す課税出荷数量統計がまとまった。

 ビール、発泡酒、新ジャンルを合わせた、いわゆる「ビール類」の販売では、1位のアサヒビールが前年比2%減の208万キロリットル、シェア37.5%。以下、2位のキリンビールが2.7%減の197万キロリットル、シェア35.6%。3位のサントリー酒類が5.3%増の79万キロリットル、シェア14.2%、4位のサッポロビールが0.6%増の66万キロリットル、シェア11.8%となった。

 1位と2位が販売量とシェアを共に落とし、下位が伸ばす結果となった。

 ビール類市場全体では、縮小の激しさが目に付く。販売総計は前年比1%減の555万キロリットルで、東日本大震災の影響で前年比3.7%減少した2011年より減少幅は緩やかになったが、その数量を下回ったのだ。原因はどこにあるのか。

 まず、これまでビール類で唯一の成長部門だった新ジャンルの成長がほぼ止まった。新ジャンルが市場に出た2003年以降、震災前までは2桁に近い前年比成長率を保っていたが、2012年の市場規模は前年比わずか1.1%増。最低の伸び率だ。

 アルコールだけではない。2009年「キリンフリー」発売以来、伸び続けてきたノンアルコールビール市場の成長も、今年は減速見通しだ。2012年は前年比40%もの伸びを示したが、大手4社による今年の市場予測は、いずれも1桁台の成長にとどまる。

 アサヒのノンアルコールビールの発売により4社のノンアルコールビール商品が出そろった2012年は、有望とみられた市場がわずか3年で成長の天井を打った年であったことになる。

 厳しい落ち込みの中、キリンは2013年のビール類の販売計画を前年比マイナス1%と設定した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧