ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

「ドコモは大丈夫なのか?」
ケータイ産業の中の人たちまでが囁く懸念の深層

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第43回】 2013年2月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。
会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

会員の方へ:パスワード再設定のお願い

いつもダイヤモンド・オンラインをご利用いただき、ありがとうございます。
2012年2月に読者サービス向上のため、会員管理システムをリニューアルいたしました。
それにともない、パスワードの再設定をお願いしております。

2012年2月27日以降、まだ一度もパスワードの再設定をされていない方は、誠にお手数をおかけしますが、下記ページにアクセスし、パスワード再設定をお願いします。

◆ パスワード再設定はこちら

※ ユーザーID、パスワードをお忘れの方も上記ページをご利用ください。

会員の方

メールアドレス(ユーザーIDではありません)とパスワードを入力してログインしてください。

会員でない方

会員登録を済ませログインいただくと、記事の続きを読むことができます。

無料会員登録

◆ 無料会員登録について
無料会員登録をすると、会員限定の記事を読むことができるほか 新着記事をお知らせするメールマガジン配信など、会員限定の特典をご利用になれます。
ぜひご登録をお願いします。

previous page
2
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧