ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

iPhoneより売れているIGZO搭載スマホの登場で
一人負けのドコモに一筋の光

週刊ダイヤモンド編集部
2013年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
長持ちのバッテリーが特徴のシャープ製「アクオスフォン ゼータ(AQUOS PHONE ZETA SH-02E)」

 新型iPhone5の一人勝ちとみられていたスマートフォン市場に変化の兆しが表れている。業界関係者も困惑するほどに、今売れている機種があるからだ。

 シャープ製「アクオスフォン ゼータ(AQUOS PHONE ZETA SH-02E)」である。

 調査会社のBCN社によれば、ゼータは2012年11月下旬の発売以降、スマホ機種別販売台数ランキングでiPhone5を押さえて6週連続の1位を獲得している。

 過去3年間でみると、iPhone、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「エクスペリア(Xperia)」シリーズに次ぐ人気ぶりだ。

 その理由は、高画質の新型液晶「イグゾ―」(IGZO)を搭載したことで、バッテリーが長持ちすることにある。1日持つかどうかのスマホが2日間持つように設計されているのだ。さらに、防水機能や赤外線通信、おサイフケータイに至るまで、従来の携帯電話についていた機能をすべて載せている。

 つまり、人気の機能が全部入って、しかも省電力の新技術が搭載されているということで「頭一つ抜けている端末」(都内家電量販店員)なのだ。

 これには、販売元のNTTドコモ社内でも「いい意味で期待を裏切ってくれた。これまでで最も知人に勧めたい商品」という声が上がるほどだ。

 実は、ゼータが売れることはドコモにとって大きな意味がある。

 そもそも、好調なKDDIやソフトバンクに比べ、ドコモは「一人負け」と揶揄されていた。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧