ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

墨田区の商店街が驚いた!
大人向け“位置ゲーム”の威力

週刊ダイヤモンド編集部
【13/02/16号】 2013年2月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

スマホ片手に“いい大人”が大挙
墨田区が異様な事態になっている?

 「最初は単なるスタンプラリーだと思っていたけど、全然違った。商店街のスタンプラリーでは、スタンプだけ押しに来る人ばかりで、店内に入ったり、物を買っていったりはしない。ところが……」

 東京都墨田区で屏風店を営む片岡恭一氏は、驚きを隠さない。

 何しろ1月17日以降、“いい大人”がスマホ片手に、店頭のポスターのQRコードを撮影しにひっきりなしにやって来る。中に入って商品を買っていく客も多い。

 取材の最中も続々とやって来る。自転車に乗った男性は「名古屋から来た」といい、車で乗り付けた女性は「長崎から来て、友人の車で回ってもらっている」という。

 とにかく、墨田区がいま、異様な事態になっているのだ。

 スマホやケータイ片手に街を行き交っているのは、地図サイト会社のマピオンが運営する「ケータイ国盗り合戦」のプレーヤーたち。国盗り合戦は、スマホやケータイの位置情報機能を使って楽しむスタンプラリーゲームだ。全国各地に実際に出かけた際の位置情報履歴を「制覇した国数」としてコレクションするのである。

 現在、プレーヤーの数は100万人を超える。自分の足を使って動き回るのがこのゲームの醍醐味。ゲームにハマっているというと時間を持て余す学生をイメージしがちだが、プレーヤーの属性は30代以上が72.8%を占め、男性が62.3%。会社員(公務員を含む)が全体の78.5%という。「出張や仕事で外出が多い大人のビジネスマン」が中心というわけだ。

 今回の“騒ぎ”は、東京スカイツリーのある墨田区、東京タワーのある港区が共同で、国盗り合戦とコラボレーションした「2大タワーを取り戻せ!」という特別イベント。1月17日から2月18日まで実施されている。

 墨田・港両区で全57スポットに2次元バーコードが記載されたポスターが張ってあり、プレーヤーはそれを読み取ることで「攻略」となる。ゲーム内では、2つのタワーが雲に覆われているのだが、スポット攻略のたびに少しずつ雲が晴れていき、全制覇するとタワーの全景が見られるという趣向だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧