ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

生活保護当事者はジェネリック医薬品利用が原則に!?
厚労省が促進する後発品処方の知られざる影響

――政策ウォッチ編・第14回

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第14回】 2013年2月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、本当に安価なのだろうか? 生活保護当事者にジェネリック医薬品を選択するよう求めることは、医療扶助費の抑制に役立つのだろうか?

今回は、医師の視点・薬剤師・医薬品開発の視点から、ジェネリック医薬品が「同じ効能で安くつく」と言えるものであるのかどうかを検証する。

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の
利用促進を図る厚生労働省

2012年、生活保護当事者に郵送されたパンフレット。厚生労働省作成。「生活保護では、ジェネリック医薬品を一旦、服用して頂くことを基本にしています」という記述がある
拡大画像表示

 今回は、医療費削減の切り札として期待されているジェネリック医薬品(後発医薬品)について、医薬品開発の立場・医師の立場・調剤薬局の立場から、それが本当に医療費削減に役立つかどうかを検証したい。なぜならば、生活保護当事者に対する医薬品の処方は、ジェネリック医薬品を基本とする方向へと向かいつつあるからだ。2013年1月25日に公開された「社会保障審議会生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会報告書」にも、

 「生活保護当事者が必要な受診を抑制することがないよう十分に留意しつつ、後発医薬品の使用促進などを含め、(不適正な医療扶助受給など)こうした問題にはしっかりと対応していくことが必要である(46ページ)」

 という記述がある。

ジェネリック医薬品は
本当に安くつくのか?

 ジェネリック医薬品は、医薬品の特許切れに伴って他社が製造可能になる医薬品である。主成分は、もともと特許によって保護されていた先発医薬品と同等で、一般的には先発医薬品よりも安価である。

 安価な理由は主に、先発医薬品の開発に必要である膨大な研究開発コスト・先発医薬品に課せられる厳重な臨床検査コストが不要だからである。検査コストがまったく不要ということはないが、販売許可を得るために必要な検査は、先発医薬品に比べれば非常に少なく簡単だ。このため、ジェネリック医薬品の価格は、先発医薬品の20~30%に抑えることができる。ただし、ジェネリック医薬品が先発医薬品と同じなのは、主成分だけである。不純物や賦形剤などは、先発医薬品と必ず異なる。この違いが、効能の違いやアレルギー反応につながる可能性もある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧