HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

セルフメディケーションは根付くか?
医療用高純度EPAが店頭へ

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第136回】

 昨年師走28日、脂質異常症・閉塞性動脈硬化症治療薬「エパデール(イコサペント酸エチル)」のスイッチOTCの製造販売が承認された。生活習慣病薬のスイッチは国内初。是非をめぐる審議会では真っ向から反対する日本医師会と、賛同する日本薬剤師会との溝が浮き彫りになった。

 スイッチOTCは、医療用医薬品として使われていた薬を薬局で店頭販売できる一般用医薬品へ転用したもの。安全性、有効性に問題がないと判断された薬剤に限る。エパデールは魚油素材の高純度EPA。安全性の問題はほとんどなく、今回の承認で長期の有効性が裏付けられた薬剤を手軽に利用できるようになったわけだ。

 ところがこの「手軽さ」が危険というのが医師会の主張。安易な服用で受診を怠り重症化を招く恐れがあるほか、肝疾患など他の病気との鑑別が遅れるという。エパデールの承認を機に、生活習慣病薬のスイッチOTC化が一気に進むことへの懸念もあるだろう。

 一方の薬剤師会はセルフメディケーション推進の立場。ついでに薬剤師の職域拡大への期待もちらほら見え隠れする。しかし、実際に店頭で詳細な問診や自己申告の検査値に基づいた購入判断ができるかは大きな疑問符がつく。

 英国では2004年に脂質異常症治療薬「シンバスタチン」のスイッチを承認。昨年10月に報告されたスコットランド在住薬剤師対象の調査からは、「(OTCとして)エビデンス不足」「ニーズが低い」「患者の医療情報がわからない」などの理由で販売に消極的な様子がうかがえた。セルフメディケーションで重症患者も医療費も削減! という当局の青写真はあっさり覆ったらしい。まして、病院の敷居が低い日本なのだ。スイッチの利便性プラスアルファがなければ英国の二の舞いである。

 ただし、国内では医師会の猛反発もあって、生活習慣病薬のスイッチOTC化はしばらく凍結。あらためて今後のあり方を議論する予定だ。当局、医師会、薬剤師会それぞれの利害対立、思惑はあるだろう。しかし、そこに一般生活者の視点は入っているのだろうか。最終受益者はわれわれのはずだ。

 (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧