ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

2015年「超小型車(超小型モビリティ)」ブーム到来!?
横浜市街での実証試験に通行人は興味津々

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第136回】 2012年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

師走の中華街で
地元住民から質問攻めに

 まさか、これほど注目を集めるとは――。

 気象庁発表データでは、2012年12月19日(水)午前11時、横浜の気温は真冬並みの6.5度。しかも、北風が毎時6.4m。湿度は29%で、ピーンとした寒さが足の裏から全身に至る。

 そのなかを、スーツにウールのコートというビジネスマンルックで、超小型モビリティ「日産 New Mobility コンセプト」を3時間弱、横浜市内で走らせた。最高制限速度は時速50km。窓がなく、車内にヒーターもないため、車両貸出業務を行っている日産レンタカーから無料貸与された毛布を膝から下にかけて走行した。

大桟橋付近。後方に、みなとみらい地区 Photo by Kenji Momota

 これは、横浜市と日産自動車が行っている、超小型モビリティ(または、超小型車)の実証試験「EV FOR EVERYONE ヨコハマ」(2012年11月19日~2013年1月31日)での試乗だ。筆者は今回、報道陣としてではなく、一般参加者として同実証実験のホームページから登録して参加してみた。

スマホでカーナビが当たり前の時代に Photo by Kenji Momota

 その走行範囲は、国土交通省が特例として認めた実証試験実施エリア。北は京浜急行神奈川駅周辺、南は「港の見える丘公園」周辺まで3km強、東西方向はJR根岸線から海側へ600m程だ。現在位置と目的地の判断は、ダッシュボード左上に固定されたスマホで行う。

 それにしても驚いた。走行中、そして停車中、これほど多くの人の注目を浴びるとは考えていなかったからだ。

 中華街大通り、老舗の大飯店前で停車し撮影していると…。

 地元中華街で働くひとたちから「これ、いつから売るんですか?」、「これ、いくらですか?」、「あれ、二人乗りなんですね?」と質問攻めにあった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧