ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

震災から15年、見過ごされてきた「心の復興」。 働き盛りの被災者を突如襲う「復興感の二番底」

――「復興曲線」が語る新事実

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第28回】 2010年1月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
1995年1月17日に起きた「阪神・淡路大震災」。M7.3を記録したこの大地震は、6434人の尊い命を奪った。

 6434人の命が失われた阪神・淡路大震災から今年で15年。街並みは復興を遂げたように見える。しかし、1人1人の個人にとっての復興はどうなのだろうか。

 今まで詳しくは明らかになってこなかった、個人の「心の復興」を浮かび上がらせる新たな調査手法が開発された。それが「復興曲線」という手法だ。この手法では、被災者に震災からの15年の心の軌跡を線で描いてもらい、その曲線を読み解くことで、どこまで復興がなされたかを知ることができる。被災者の心の内を視覚化できる手法として、災害研究の最前線で使われ始めている。

被災者に聞き取り調査した「復興曲線」。横軸が震災から今に至る時間を示す。グラフが上に行くほど「復興感」を感じていることになる。

 NHKは、日本災害復興学会と共同で被災者100人に「復興曲線」を書いてもらう調査を行なった。100人が描く復興の歩みは、地震多発列島に生きる私達にどんなメッセージを投げかけるのか、追跡した。

「復興感の二番底」
に襲われる被災者たち

復興曲線を詳しく分析していくと、震災後一度上昇した曲線が3年以上経ってから再び落ち込むという「復興感の二番底」といえる現象が、3割以上で見られた。

 被災者が描いた100枚の曲線の形に注目すると、ある1つの特徴が浮かび上がった。震災後、一度上昇した曲線が3年以上経ってから再び落ち込む形が、3割以上で見られたのだ。こうした「復興感の“二番底”」ともいえる曲線は何を語るのだろうか。

 二番底の曲線を書いた下山和也さん(47)は、震災で両親の暮らすマンションが全壊した。両親は崩れた建物に閉じ込められ、3日後運び出された時には息絶えていた。悲しみの底にあった下山さんの曲線は、直後から上昇していく。死という現実を受け入れるまもなく、両親が亡くなったマンションの再建に関わることになったからだ。

 再建には70以上の世帯が関わり、費用の分担など利害調整に2年近い歳月がかかった。長期に渡る生活の立て直しを強いられた下山さん心の動きを示す復興曲線は、比較的高い位置で推移していた。

 「仕事と生活と再建、悲しいなどと考える余裕がなかった」

と下山さんは言う。

 しかし、マンションの完成は震災から約3年後、この後下山さんの曲線は急落する。

 「ずっと頑張ってきたが気持ちが和らいだ瞬間に、溜まっていた感情が出てしまって」

 この頃、下山さんには震災直後耳にしたある言葉が心に蘇っていた。

 「レスキューの人は『あと半日早かったら』と言っていた。もしかしたら助かっていたかも…。それを思い出すとつらいんです」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧