ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男の復権 ~女は男を尊敬したい~
【第4回】 2008年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

「悪妻は百年の不作」――女性選びを間違えると大変なことに!

1
nextpage

 あなたには、自分を正しく磨いて大人の男になってほしい。

 しかし、どれほど自らを磨こうとも、男性は、つまらない女性に引っかかったばかりに人生を踏み外したり、思いっきり足を引っ張られる恐れがあることを忘れてはならない。

 男は女次第であるし女もまた男次第だが、女が男次第である以上に、男は女次第である。また、「悪妻は百年の不作」でもある。

 夫婦や家族の相談を日々お受けする中でそれを実感している。

女性が「男性選び」を
間違えた場合

 たとえば、だめな男性を選んだ女性はどうなるか。人並みの収入はあっても人格がだめな男性を選んだとしよう。

 彼女の生活は、まわりから見て幸せではないかもしれない。しかし、彼女はだめな彼と一緒にいることに自身の存在価値を認めることもある。

 「だって、あの人は私がいなければもっとだめな人になっちゃうもん」

 これは、だめな男性が、借金や薬物依存症、暴力など歪んだ甘えで依存し、女性がそれを献身的に受け入れることで「尽くす私、耐える私」を肯定し女性の側からも依存する、共依存関係ではあるが、彼女本人がそのことに気づかない間は、満たされていると思っている。

 気づいたときにはそこから逃れる困難さと向き合わなければならないが、抜け出した後は幸せな生き方ができるため、生き方を変えることもできる。

 男女関係にかぎらず、人間関係は多かれ少なかれ共依存的でもある。そのこと自体を否定はしない。それが病的にエスカレートしたり、どちらか一方が生命の危機に瀕する大事とならないかぎり、ゆるやかな共依存は思うほど悪くはないものだ。

 また、歪んだ甘えで女性に依存するタイプの男性は「大人の男」ではないため、彼自身は幸せも不幸も感じ取ることはない。彼女自身が陥っている共依存関係から抜け出したいと望むまでは援助者の介入も難しい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、4/16~4/22)



池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

1961年岡山市生まれ。96年「東京家族ラボ」を設立。精神科医、弁護士等と協力体制をとり、総合的な家族問題カウンセリング等を行なう。テレビ出演や講演も多数。著書に「夫婦再生レッスン」(健康ジャーナル社)、「良妻賢母」(PHP新書)ほか。

・池内氏主宰サイト「池内ひろ美オフィシャルサイト」「東京家族ラボ」「ファミリー・クラブ」

・池内氏ブログ『池内ひろ美の考察の日々』


男の復権 ~女は男を尊敬したい~

夫の平均小遣い36000円、失われる父親の威厳、激増する熟年離婚、etc・・・。男が生きにくい時代だからこそ、もっと素敵な男性が増えてほしい。女というフィルターを通して、『男の復権』について考える。

「男の復権 ~女は男を尊敬したい~」

⇒バックナンバー一覧