ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

“空気を読む”だけではダメ?
今の若者が本当に「身につけたい能力」とは

小川 たまか
【第118回】 2013年3月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 若者がキャリアアップのために必要だと考えているスキルは、「海外ボランティア」経験で身につく――。こんな調査結果を、トレンダース(東京都渋谷区)が運営する「トレンド総研」が発表した。今年もまもなく新入社員が入社する季節がやってきたが、不況の下で育った若い世代は、国際化の波が押し寄せる中で、今後どのようなスキルが有効だと感じているのだろうか。

 調査期間は2013年2月27日~3月1日。調査方法はインターネット。調査対象は、大学卒業から5年以内の就職活動経験ありの就業者男女500人(性別・社会人年数均等割付)。

若者が身につけたい能力は
「海外ボランティア」で得られる?

 調査によると、若者が今後のキャリアのために身につけたいスキルは、「コミュニケーション力」(44.6%)、「語学能力」(44.4%)、「働きかけ力」(37.0%)、「主体性」(36.8%)、「異文化適応力」(33.8%)だった。最も選ぶ人が少なかったのが「忍耐力」(27.2%)。「状況把握力」(28.0%)や「柔軟性」(28.6%)も選ぶ人が少ない傾向となった。「空気を読む」ことの重要性がよく問われる現代だけに、「状況把握力」や「柔軟性」はもうそれなりに身についていると考えている人も多いのかもしれない。

 また、トレンド総研が2012年3月に行った調査よると(調査対象は3ヵ月以上海外ボランティアの経験がある300人)、「海外ボランティアを経験したことで身についたと感じる能力」では、「今後のキャリアのために身につけたいスキル」のうち、コミュニケーションに関する3つのスキルが高いポイントをつけた。その3つのスキルとは、「コミュニケーション能力」(75.5%)、「異文化適応能力」(74.5%)、「語学応力」(53.2%)だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧