ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
辻広雅文 プリズム+one

金融機関が抱える「玉石混淆の宝石袋」
~証券化市場の機能回復に何をすべきか~
京都大学教授・矢野誠氏に聞く

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]
【第48回】 2008年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界中の金融機関を経営破綻の淵に追い込むほど、なぜ、サブプライム関連の証券化商品は暴落し続けているのか。どうして、証券化商品市場には買い手が現れないのか。市場が備え持つはずの底値発見機能や価格形成機能が、不全のままなのはなぜなのか。著書『「質の時代」のシステム改革』(岩波書店)で、「市場の質理論」を展開した矢野誠・京都大学教授(兼,慶應義塾大学客員教授)に聞いた。

矢野誠
矢野誠京都大学教授(兼、慶應義塾大学客員教授)

 ―「現代経済の健全な発展には、高質な市場が不可欠だ」という「市場の質理論」からすれば、今回の世界的金融危機は、市場の質の低さが原因なのか。

 そう思う。「玉石混淆の宝石袋」が出回っているような市場は、質が高いとは言えない。良いものも悪いものが入り混じり、区別して取引できない市場では、正確な商品評価はできなから、適正価格も形成されない。

―「玉石混淆の宝石袋」とは何か。

 サブプライム関連の証券化商品市場のことだ。今回の真の問題は、サブプライムローンという危険性の高い資産と、より安全な住宅ローン(例えばプライムローン)が一束にされて証券化されたことにある。

―危険性の高い資産と安全な資産を組み合わせるのは、リスク分散のために有効ではないか。

 その通り、有効だ。その有効性に、誰も疑いを持たなかった。それが、大変な問題を引き起こした。

 一束にされて証券化された商品は、さらにさまざまに組み合わされ、もう一度証券化された。それが、三次、四次と繰り返し証券化された。せっかく分けたものを再び束ね、それを繰り返したら、結局はもとのサブプライムローンのリスクがすべての証券化商品に入り込んでしまう。

―それが、「玉石混淆の宝石袋」か。

 そうだ。全証券化商品にリスクが相関する、と表現してもいい。その上、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)と呼ばれる証券化商品の貸し倒れ保険まで大量に販売され、リスクの所在はいっそう見えなくなった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]

1981年ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属後、エレクトロニクス、流通などの業界を担当。91年副編集長となり金融分野を担当。01年から04年5月末まで編集長を務める。主な著書に「ドキュメント住専崩壊」(共著)ほか。


辻広雅文 プリズム+one

政治・経済だけではなく、社会問題にいたるまで、辻広雅文が独自の視点で鋭く斬る。旬のテーマを徹底解説、注目の連載です。

「辻広雅文 プリズム+one」

⇒バックナンバー一覧