ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ふらんす地方漫遊記

童話の世界のようなメルヘンチックな村々
煮込み料理もワインも豊かなアルザス地方

みえぞう
【第3回】 2013年4月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 こんにちは、みえぞうです。

 今回は、フランスの東、ドイツとフランスの国境に位置するアルザス地方に焦点をあてたいと思います。

前回のロワール地方は、お城にまつわる歴史的な話が多かったですが、人に歴史あり、どの地方にも地方なりの歴史があります。

 アルザス地方は、1871年以来、フランス・ドイツの2国間で、何度も領土争いの戦争が繰り返され、ドイツ→フランス→ドイツ→フランスと4回も所有国が移り変わりましたが、この地に住む人々は「アルザス人」としての誇りや文化、ドイツ語から発祥したと言われる「アルザス語」をずっと守り続けています。町の名前の語尾にも[ブルグ]や[ベルグ]など、ドイツ語ふうの名前が多いのも、その影響を感じますね。

木骨組の家もアルザス地方の見どころ
Photo:©Atout France/Jean François Tripelon−Jarry

 たとえば、私のフランス人の友人に、浜松で[Abondance(アボンドンス)]というお菓子屋さんを経営している、アルザス地方出身のパティシエがいます(エベルレ・ベルナールさん)。彼は、アルザス人そのもので、体はびっくりするくらい大柄ですが(会うたびに大きくなっている気がします・笑)、真面目で勤勉で、細やかな神経を持ち合わせています。おそらく、フランス人の気質を知っている人は、その几帳面な性格にびっくりするでしょう。アルザス地方がドイツの影響をかなり受けているので、一般的に「几帳面で真面目」と言われるドイツ人の気性に似ているのだと思います。日本人の気質にも通じるものを感じます。
 
 

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みえぞう(♀)

フランス在住歴は3年半。アラン・デュカス会長のフランスのホテルグループ、シャトー&ホテル・コレクションの日本予約センターにて予約・手配を行っている。前職で南仏&モロッコのホテル調査に奔走し、公共交通機関 をフル活用した経験を積み、今では旅行術のスペシャリストになる。食べることをとことん愛し、自他共に認めるグルメ。仕事と趣味を兼ねてフランスと日本を往来し、現在はフランス初心者から上級者の方まで、旅のお手伝いをしている。少しでもフランスの良さが伝えられればと思い、『ふらんす地方漫遊記』の連載を担当。

 


ふらんす地方漫遊記

1年間に7000万人以上のツーリストを受け入れる国=フランス。外国人観光客受け入れ人数の国別ランキング1位を誇り、ガイドブック[地球の歩き方/フランス]もエバーグリーンな人気を誇っています。フランスが、誰にとっても「一度は訪れてみたい国」「もう一度訪れてみたい国」であることは間違いありません。しかし、パリに滞在し、モン・サン=ミシェルを訪れるようなありきたりの旅ではもったいない。「他の人とは一味違うフランス旅行をしてみたい!」「フランスの古城に一度でいいから泊ってみたい!」「ビストロやブラッセリーで至福の時を過ごしたい!」――そんな人のために、「地球の歩き方 旅プラザ」スタッフのスペシャリストが、フランスの地方別に見どころをピックアップし、[大人の旅]を紹介します。

「ふらんす地方漫遊記」

⇒バックナンバー一覧