ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

なぜ人はダイエットに失敗するのか
ビジネスマンにお勧めのダイエット法

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第22回】 2013年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

人によって痩せるダイエット法は違う

 隣人が成功したダイエット法を実践したとしても、必ず自分が痩せるとは限らない。

 去年の夏、「きゅうりを毎日7本食べ続けたら痩せた」という男性が、周りにもきゅうりダイエットをすすめていた。食事内容は普段と変えないままで、きゅうりをただ食べ続けるのだという。なんて魅力的な話だろう!と後に続いた女性がいた。結果、どうなったか。その女性は、冷え症が悪化しただけで体重は全然落ちなかった。

 なぜこのように結果に差が出てしまったのだろうか?

 男性がダイエットに成功したのは、きゅうりそのものの特殊な力のせいではない。肉食で全体的に食事量が多く、太り気味だったこの男性の場合、今まで不足していた野菜を摂ることでバランスが整い、痩せやすい体になった。だが、炭水化物に偏った食事スタイルを続け、タンパク質不足が原因で体重が増えてしまっていたこの女性の場合、きゅうりを足すことが痩せやすい体づくりにはつながらなかったのだ。太った原因が違えば、解決法が違う。それが、私が普段から、自分の栄養バランスの過不足をチェックすることが大事、と言い続ける所以だ。

 ダイエット成功の極意は、ちょっとした情報に振り回されて、自分の中の「需要」と「供給」を間違えないこと。そして、ダイエット成功の敵、ストレスを回避すること。ストレスといえば、節制や我慢、といったものが思い浮かべるかもしれない。だが、実際にダイエット中のクライアントを傍で見ていて感じるのは「痩せなくてはならない」という、自分の心がつくるストレスだ。そのプレッシャーから生まれる極端な手段は、過食やリバウンドの引き金となるばかり。

 ダイエットを成功させる上で大事なのは、やり方以前に、スタンスだ。

「続かない」「リバウンド」するのは一体なぜ?

 先日、以下の読者アンケートを実施した。

Qダイエット経験者の方に伺います。ダイエット中やその後に困ったことはありますか?(複数選択可)

続かない      50.0%
なかなか痩せない  28.6%
体調を崩しやすくなる 7.1%
リバウンドをした   35.7%
その他 21.4%

 結果、半数が「続かない」と回答している。さらに、「失敗したダイエットは?」との質問には、断食、昼抜きダイエット、カロリー制限、お茶置き換えダイエット、サラダだけダイエット、など、極端な回答が目立つ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧