ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「大学図鑑!2014」親子で読む!絶対後悔しないための大学選び
【第2回】 2013年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
オバタカズユキ[監修]

「後悔しないための大学選び、
基本のき【学部・学科選び編】」

1
nextpage

東京の大学か地元の大学か?国公立か私立か?共学か女子大か?大学選びに悩みも尽きないが、実は学部・学科選びもおろそかにはできない。今回は、主に文系志望者の迷いがちなポイントについてご紹介していこう。

受験生が知りたい基本のき 1
「国際系、学際系は期待できるか?」

 大学生き残り時代ということで、新設学部・学科ラッシュが続いている。

 そこで最近目立つのは、頭に「国際~」がつく国際系学部・学科と、既存の学問分類をまたいだ学際系と、医療・福祉だ。
 医療・福祉系については、将来その方面に進みたい受験生が集まるのでわかりやすいのだが、国際系と学際系には「なにか面白そうだから」「新しい発想で将来性がありそうだから」という漠然とした期待感で志望する学生が多い。
 既存のたいていの学問が硬直して魅力薄になっているのは事実。だが、だからといって新しい学部・学科がバラ色かというとそれも疑問だ。

 特に、「学生を集めたいがために」急場しのぎで学部・学科を新設したようなところでは、ロクな教授陣も揃っておらず、ウリ文句は魅力的だが具体的なカリキュラムを見ると中身なし、といったケースがかなりある。
 IT関連の講義の充実をやたら強調しているところなどは、眉に唾をつけたほうがよいだろう。

受験生が知りたい基本のき 2
「興味のある学部・学科がない場合は?」

 「これといってやりたい勉強がないのだけれど、何を基準に学部を選べばいいのだろう?」

 こうしたある意味「しょうもない」疑問を抱く受験生は、実のところたくさんいる。高校までの勉強は、「好き嫌いは別として、やらされるもの」ばかりだったのだから、仕方がないところだ。

 そんな受験生の学部・学科選びは、ひとまず「消去法」で取り掛かろう。「興味のあるもの」はなくても、「興味のないもの」「やりたくない勉強」はわかるはずだ。まずそれらを消去して、残った学部・学科から検討してみることだ。

 「就職に有利らしいから」と法学系、経済・経営学系を消去法で選ぶ受験生も多いが、それでもかまわないだろう。ただ、これらの学部・学科の勉強内容にも、それぞれの特徴がある。六法全書を開いた途端にあの堅苦しい文章の羅列に吐き気を覚えるような人間が法律学科を選ぶべきではないし、数学アレルギーの強い人間が経済学科を選べばおそらく落ちこぼれる。
 それなりの内容は把握しておくことが大切なのだ。
 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



オバタカズユキ [監修]

フリーライター、フリー編集者。 著書に『何のために働くか』(幻冬舎文庫)、『だから女は大変だ』(文藝春秋)、『大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社』(朝日新聞出版)ほか。企画、編集、構成で携わった本は『大学キャリアセンターのぶっちゃけ話』(ソフトバンク新書)、『国のために死ねるか』(文春新書)、『クラッシャー上司』(PHP新書)など。


「大学図鑑!2014」親子で読む!絶対後悔しないための大学選び

入ってから「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないために、受験生、そして受験生の親御さんが知っておきたい重要な大学選びのポイントを詳しくご紹介していきます。

「「大学図鑑!2014」親子で読む!絶対後悔しないための大学選び」

⇒バックナンバー一覧