ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第5回】 2013年5月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

いままで伝えることが苦手だった人のほうが、
この方法で劇的に人生が変わる
【本田直之×佐々木圭一】(前編)

1
nextpage

40日間で20万部のベストラーとなった『伝え方が9割』の著者・佐々木圭一氏と、本書のプロデュースをしたレバレッジシリーズで知られる本田直之氏の対談をお届けします。なぜ、本田直之はこの方法に惚れ、このやり方を学べば、コトバが一瞬に強くなり、人生が変わると説くのか!!(構成・井上健太郎 撮影・小原孝博)

短くてインパクトのある言葉が必要になってきたのは、この数年

本田 『伝え方が9割』のベストセラーおめでとう。

佐々木 ありがとうございます。本田さんには、企画の段階から「これは、俺が読みたかった本だ!」と言っていただいて、本当に嬉しかったんですけれど、なぜそう思われたんですか?

本田 だって、この本に書いてあることは、誰にも使えることだから。メールを打つ時だってそうだし、会社で書くレポートだってそう。僕の場合は、本を書くとか、本のタイトルを考えるとか、フェイスブックやツイッターでメッセージを投稿するときとか、とても参考になる。ネットがない時代だったら、何かを人に伝えるという機会は、もっと少なかったと思うけれど。

佐々木 そうですね。伝える機会は、とても増えてきていると思います。

本田 たとえば昔、恋人に毎日手紙を書いてた人って、情熱的な一部の人だったと思うけど、今はデイリーのやりとりって当たり前になっているし、LINEあたりだとデイリーどころか分刻み。

佐々木 情報を送りまくってますよね。たぶん10年前と今だと、それこそ書いてる文字量が5倍以上になってる気がします。

本田 僕が会社に入った1991年当時なんて、まだパソコンを個人的に使っている人はとても少なくて、文字を打つといえばワープロが主流。ワープロっていうのは文書をつくるためのものであって、人とキャッチボールするための文章を書くものではないじゃないですか。

佐々木 それがインターネットが登場して、2000年代半ばには、何かを表現したい人はブログを書くっていう文化ができた。さらに今は、フェイスブックやツイッターもある。そのおかげで、若い人も年齢が上の人も、また男女にかかわらず文字を書くようになりましたよね。

本田 これだけ激しく情報をやり取りするようになったのって、ここ数年の話でしょう。しかも、より短くてインパクトのある言葉の使い方が必要になってきたのは、たぶんツイッターやLINEのようなサービスが出てきてからだと思うんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

上智大学大学院を卒業後、博報堂を経て、株式会社ウゴカスを設立。新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。ストレスから1年で体重が15%増、アゴも無くなる。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。初めての著書『伝え方が9割』は、64万部のベストセラーとなり、2013年ビジネス書年間ランキング1位(紀伊國屋書店新宿本店調べ)、年間ベストセラー単行本2位(2013年ビジネス書部門/日販・トーハン調べ)となる。カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む、3年連続受賞。米国の広告賞One ShowDesignで日本人初ゴールド賞受賞。AdFestでゴールド賞受賞。AIMアワードでグランプリ受賞。トリンプ「天使のブラ」、コーセー「FASIO」などヒットCMを数々制作。郷ひろみ・Chemistryなどの作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。トヨタ自動車、楽天、大塚商会、東武鉄道、ユー・エス・ジェイ、小林製薬、プルデンシャル生命、ソニー生命保険、東京大学、上智大学などで150回以上の「伝え方が9割・講演」を行う。メディア出演は、NHK「ゆうどき」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「お願い!ランキング」、フジテレビ「ネプリーグ」、TBS「ひるおび!」、テレビ東京「FOOT×BRAIN」、BS朝日「ポップメイカー」にてMC、「an・an」連載など多数。「日本のコミュニケーション能力のベースアップ」のために、精力的に活動している。佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp Facebook:www.facebook.com/k1countryfree  twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧