ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男の復権 ~女は男を尊敬したい~
【第8回】 2008年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

「お受験パパ」が陥る“俺様マネジメント”という落とし穴

1
nextpage

 「親が子どもにしてやれるコトって教育しかないんですよ。いくら莫大な遺産を残してやっても、子どもがバカだったらすぐに失ってしまいますからね。スイスのプライベート・バンクなんかだったら、子弟の学校の世話までしてくれるんですよ。彼らのテーマはいかに資産を守るかってことなんですが、そのためには子どもの教育をしっかりやることが大切だって分かっているんですよね」

情報収集にぬかりない
「お受験パパ」

 そう力説するのは39歳の広告デザイナー。スイスのプライベート・バンクに運用を任せるほどの資産をお持ちのようには見えないが、プチ・リッチ風で、年収1400万円。

 「なにしろ、スイスあたりの花嫁学校でもね、カリキュラムの中心はお料理やテーブル・マナーじゃないんですよ。語学とIT技術と経営学。彼女たちは将来、欧米の資産家に嫁ぐわけですから、夫のビジネスをサポートするためには、これらが大事というワケなんですよ。もちろん、彼女たち自身も資産家の娘ですから、自分でビジネスをやることも多いので、そんな教育が必要なんです」

 最近は、子どもの教育に熱心なお受験パパが増えているが、彼のように話がスイスにまで飛んでしまう人はまだ珍しい。そろそろ自分の娘をスイスの花嫁学校とやらに学ばせたいという話かと思ったら、彼の娘はまだ3歳。幼稚園もこれからだ。

 もちろん、幼児教育に関する情報収集にもぬかりがない。

 「とりあえず、4つぐらいのスクールに見学に行ったんですけどね」

 最近は、幼稚園ではなくてスクール、またはプレスクールと呼ぶ人も増えているようだ。

 「どこも中途半端でねえ。アメリカ的な方法を取り入れているところもあるし、日本的な礼儀作法を重視しているところもあるし。どこの教育方針もそれなりに説得力はあるんですが、もっとこう、総合的にいい教育をしてくれるスクールってないもんでしょうか?」

 総合的と言われても、彼がなにを求めているかによるだろう。さっきまでスイスの学校の話をしていたのに、今度はアメリカ方式と日本伝統方式の選択で悩んでいる。

 「でもまあ、うちの娘もまだ3歳ですから。やっぱり知育が大切ですよね。今、ヨーロッパでも大学の崩壊が問題になっていて、まともな教育ができるのはイギリスと北欧の大学くらいだと言われていますが、やっぱり北欧の知育教育って優れてるんですよね」

 話はまたヨーロッパにもどる。しかも今度は大学だ。こんな調子で彼は、世界の教育事情について彼が理解している範囲で1時間以上も一方的に説明してくれた。もちろん、彼が娘にどんな教育を施したいのか尋ねてみたのだが、要領を得ないまま、彼は情報を披露するだけだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池内ひろ美 [夫婦・家族問題コンサルタント]

1961年岡山市生まれ。96年「東京家族ラボ」を設立。精神科医、弁護士等と協力体制をとり、総合的な家族問題カウンセリング等を行なう。テレビ出演や講演も多数。著書に「夫婦再生レッスン」(健康ジャーナル社)、「良妻賢母」(PHP新書)ほか。

・池内氏主宰サイト「池内ひろ美オフィシャルサイト」「東京家族ラボ」「ファミリー・クラブ」

・池内氏ブログ『池内ひろ美の考察の日々』


男の復権 ~女は男を尊敬したい~

夫の平均小遣い36000円、失われる父親の威厳、激増する熟年離婚、etc・・・。男が生きにくい時代だからこそ、もっと素敵な男性が増えてほしい。女というフィルターを通して、『男の復権』について考える。

「男の復権 ~女は男を尊敬したい~」

⇒バックナンバー一覧