ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第9回】 2013年5月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

就任以前の洞察と退任後の気づき
名将・落合博満の本音が詰まった2冊
『コーチング 言葉と信念の魔術』『采配』

1
nextpage

二刀流挑戦、国民栄誉賞受賞、相次ぐ2000本安打達成など話題の多いプロ野球界。開幕前のWBCでの3連覇はなりませんでしたが、今年のペナントレースも盛り上がりを見せています。そのWBCでも監督待望論のあった落合博満氏が中日ドラゴンズの監督退任のタイミングで刊行された『采配』は、話題性だけでなく、いわゆる野球本にとどまらない示唆に富んだ内容で40万部を超えるベストセラーとなりました。実は、落合氏が2004年に監督に就任する以前に、指導者(上司)がいかに選手(部下)に向き合うべきかを著した名著があります――。

教えることではなく見ていること
監督就任以前から持っていた指導の信念

 2006年10月10日、落合博満監督率いる中日ドラゴンズは2度目のセ・リーグ優勝を決めました。東京ドームのお立ち台に上がった監督は、インタビューの最中、こらえ切れずに泣き出してしまいました。「やはり落合も人の子だったか」。そう感じたのは筆者だけではないでしょう。

落合博満著『コーチング 言葉と信念の魔術』
 2001年8月刊行。1998年に現役引退していた落合氏は、発売された当時解説者を務められていました。名将として揺るぎない評価を得るのは2004年に中日ドラゴンズの監督に就任して以降のこと。
 執筆時点ですでに持たれていた確固たる信念がその後の結果を導いたと考えると、本書の言葉ひとつひとつがよりいっそう輝きを増して見えます。

 なにしろメディアに登場する落合監督は常に無表情で、喜怒哀楽は表に出さず、じっとベンチに座って腕を組み、試合後のコメントは、あったとしてもきわめて短く、しかもぶっきら棒でした。

 この監督は選手たちの目にどのように映っているのだろう。選手と監督のコミュニケーションは成り立っているのだろうか……。他人事ながら心配になり、熱烈な落合ファンでもないのに彼の言動が気になって仕方がありませんでした。

 多弁でオーバーアクション気味に振る舞う長嶋茂雄氏や、毒舌と諧謔を弄しながら“ID野球”の指揮を取った野村克也氏などとはキャラはまったく異なりますが、しかし落合氏も人を強く惹きつける独特の「何か」を持っています。その「何か」は『コーチング 言葉と信念の魔術』を読み進んでいくうちに、少しずつ見えてくるように思えます。

 私には、コーチという仕事は教えるものではなく、見ているだけでいいという持論がある。……ボールの打ち方ひとつをとっても、すべてその選手の感性次第だ。そうした部分には、指導者も入り込めない。
 それでも、そこを度外視して「お前のやり方は間違っている。こうしなければならないのだ」と断定的な言い方をすれば、選手に混乱を与えてしまうだけだ。それでつぶれていったのは、プロの門を叩いた選手の90%以上になるはずだ。そうしたことを踏まえると、コーチの仕事は“教えることではなく見ていること”であると考えられる。(18~19ページ)

 すなわち落合氏は、教える側は教えることに、教えられる側は教えられることに慣れ過ぎてしまっていると感じているのです。こうした傾向が続くと、教える側は画一的な方法論しか持てなくなるし、一方の教えられる側は自ら学ぼうとする姿勢を持ち得なくなる、と。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧