ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略
【第13回】 2013年5月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

歴史が変わる瞬間とは?
集団が動く「臨界点」の秘密

1
nextpage

社会や組織が大きく変化するとき、そこでは何が起こっているのか。本当に強固なリーダーやカリスマという救世主によって、世界は変わるのだろうか。連載第13回は、歴史上の革命や企業の組織変革から、変化の生まれる「臨界点」の秘密について考える。

歴史は一度しか起こらない、
やっかいな教科書か

 歴史から教訓を得ようとする際に、決まって議論になることがあります。

 「同じことは二度と起こらないのだから、歴史に学ぶ行為は無意味では?」

 この見方を支持する科学者は実は少なくありません。コロンビア大学の社会学部教授で、書籍『偶然の科学』(早川書房)を書いたダンカン・ワッツは、「気まぐれな教師としての歴史」という章を書いています。

 なぜ、モナ・リザが世界で最も著名な女性の肖像になったのか。ちなみにルーブル・美術館に来場する年間600万人の中で約8割程度がモナ・リザを目的に来場するとルーブルの職員は想定しているそうです。

 同様にハリー・ポッターはなぜ世界的なベストセラーになったのか?

 21世紀の現代で、モナ・リザとまったく同じ技法で女性の肖像画を描いても、モナ・リザと同じような名声を博すことはできないでしょう。これは2013年にハリー・ポッターと同じようなファンタジー小説を書いても、評判にならないことと同じです。

 歴史を外形、つまり形やスタイルだけ学ぶならば、ほとんど意味をなさないことがわかります。また、ダンカン・ワッツは特別な偉人は、活躍する前、名を成す前には予測できず、結果を出した人が「必然」になるような、特殊なストーリーが残りやすいと指摘しています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

歴史的名著は国家存亡期に書かれた「革命の書」だった――。『学問のすすめ』が実現させた、日本史上最大の変革「明治維新」から転換期を生き抜く方法を学ぶ。140年前と現代に共通する、個と国家の「成功の本質」とは?

「「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略」

⇒バックナンバー一覧