ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める
【第3回】 2013年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

スーパーバイザーにモバイルワーク導入
店舗経営指導の時間増で拡大戦略を促進
ローソンが選んだシトリックスの安定性・安全性

1
nextpage

コンビニエンスストア(CVS)大手のローソンは、店舗経営指導を行うスーパーバイザー(SV)にモバイルワークスタイルを実践させることで、個店とより緊密な関係を築き上げ、魅力ある店舗づくりを実現している。システム基盤の構築や運用にかかるコストの削減、グループ会社や海外拠点とのシステム統合にも、シトリックス・システムズ・ジャパンが提供する最先端のアプリケーション仮想化やデスクトップ仮想化ソリューションが大きな力を発揮しそうだ。CVS業界におけるIT活用フロントランナーである同社の高原理彦氏に、仮想化ソリューションの導入効果と今後の展開について聞いた。

株式会社ローソン
ITステーション システム基盤
部長 高原理彦氏

 地域の顧客に愛され、支持されるコンビニエンスストア(CVS)であるために、さまざまな取り組みを行っているローソン。

 「都市部や郊外など、街の特性やお客さまの特徴に合わせて、その地域ならではの店づくり、品揃えをきめ細かく行っています。個店ごとのオーナーさんやクルー(アルバイト)さんとの情報交換が何よりも大切ですが、ITを駆使した市場分析も欠かせません」と、同社ITステーション システム基盤部長の高原理彦氏は語る。

 ローソンは、CVS業界のみならず他業界も注目する、先駆的なIT活用戦略を展開している。

 全国に展開する店舗数は約1万店。その1店1店について、約5400万人の会員を有する「pontaカード」の購買データを分析し、品揃えやサービスに工夫を凝らしている。

 また、ヤフーとのコラボレーションによる働く主婦のための食材宅配サービス「スマートキッチン」など、ネットショッピングでもさまざまな客層に向けた多彩な商品やサービスを提供。リアル店舗とネット販売のマーケティングを有機的に融合させる取り組みでも業界をリードしている。 

1
nextpage

underline
お問い合わせ先

シトリックス・システムズ・ジャパン
株式会社

〒100-0013

東京都千代田区霞が関3-2-1

霞が関コモンゲート西館24F

TEL:03-4577-5900(代表)

http://www.citrix.co.jp




人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める

ホワイトカラーの生産性を上げるため、日本でもモバイルワークの導入を進める企業が増え始めている。シトリックス・システムズは、“Work better. Live better.”の理念の下、オフィス以外の場所での生産性を維持しつつ、私生活のクオリティも高めるためのソリューションを提供するトップランナー企業。その実践的効果を紹介する。

「人材力120%アップ!働くカタチは社員が決める」

⇒バックナンバー一覧