ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

15年度内にブラジルで70%超
川重船舶部門が描く“青写真”

週刊ダイヤモンド編集部
2013年6月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
中国のNACKSを手本にしてデザインされたブラジルのEEP社の大型造船所(完成予想図)
Photo:EEP社

 先日、三井造船との経営統合説が浮上し、想定外の脚光を浴びた川崎重工業。この説は即座に両社から完全否定されたが、5月22日と24日に発表された川崎重工の部門別中期経営計画では、とりわけ船舶海洋カンパニーの“野心的な目標”が業界の度肝を抜いた。

 2015年度に海外拠点の売上高構成比は、12年春にブラジルのEEP社から請われて資本参加したばかりの「新規大型造船所」での売り上げが75%近くに達するとの見通しを明かしたからである。

 残りの15%前後は1995年に中国海運最大手のCOSCO(中国遠洋運輸集団)と折半出資で設立したNACKS(南通中遠川崎船舶工程)が占めており、さらに10%程度が07年から始まった第2案件のDACKS(大連中遠川崎船舶工程)になるとされた。

 川崎重工の船舶部門は、国内に神戸工場(兵庫県)と坂出工場(香川県)を持つが、生産のメインは、人件費が安く、相対的な価格競争力があるNACKSとDACKSが担っている。例えば世界の建造量ランキングでは、川崎重工単体ではなく、合弁会社のNACKSとして24位に入っている。

 川崎重工にとって、ブラジルのEEP社の造船所は、“第3の海外大型案件”である。現在は、まだ造船所を建設中にもかかわらず、「すでに国営石油会社のペトロブラスから6隻の新造船の受注を獲得した」(川崎重工幹部)など、好調な滑り出しを見せている。

造船の次は海洋構造物へ

 向こう3年のうちに、ブラジル案件だけで約75%を稼ぐ――。

 そこまで大きく出るのは、参入障壁が高く、また付加価値も高い「海洋開発」(オフショアで石油・天然ガスなどを生産する)で必要な船種を狙っているからだ。受注した6隻は、資源開発の前に試掘で使う「ドリルシップ」(掘削船)であり、中古のタンカーを「浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備」に改造する需要も取り込む。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧