ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

生き残るのはレスリングか野球・ソフトボールか?
五輪のラスト1枠を争うのは奇しくも日本注目の競技

相沢光一 [スポーツライター]
【第254回】 2013年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2020年夏季五輪実施競技争いに勝ち残る競技はどれか。突如としてこの話題でヒートアップすることになったのが我が日本である。

 5月30日に行われた国際オリンピック委員会(IOC)理事会で、8競技の中から最終候補に残ったのは「レスリング」、「野球・ソフトボール」、「スカッシュ」の3競技。いうまでもなく、このうちの2つ、レスリングと野球・ソフトボールは日本にとってメダル有望競技であり、多くの人が実施を熱望する競技だ。ともあれ一般のスポーツファンは馴染みの薄いスカッシュ以外ならどっちでもOK、という感じだろうが、両陣営の関係者は選手のことや競技の未来を考えたら絶対に負けられない争いである。最終決定が下される9月8日のIOC総会まで、あの手この手のアピール合戦が見られることになりそうだ。

両競技でメダルが期待でき
国内での人気も高い日本

 もちろん日本以外にも両競技が盛んな国はたくさんある。レスリングはロシアや東欧・北欧諸国、アメリカやキューバ、アジアではイランなどが盛んだし強い。野球は北中米とアジアの極東諸国、ソフトボールはアメリカ、オーストラリア、中国のレベルが高い。両競技とも盛んということではアメリカとキューバも該当するが、両国には他にもメダル量産競技はいくつかあり、ことさら両競技の五輪実施を熱望している風でもない。どちらの競技にも国民から同様の期待が集まり、実施してほしいと思っている国はまさに日本なのだ。

 しかし、30日のIOC理事会の決定まで、よもやこんな展開が待っているとは思ってもみなかった。それまでのメディアの報道も人々の関心も、レスリングが残るかどうかに絞られていたといっていい。

当コラムでも書いたが、今年2月のIOC理事会でレスリングが夏季五輪の実施競技から除外されたことは世界中を驚かせた。レスリングは古代オリンピックの流れを汲むうえ、近代オリンピックでも第1回から採用された伝統競技。除外されるわけがないとスポーツ関係者の誰もが思っていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧